TOPICS トピックス

2022.06.22 wed

2022年 新入社員の声 vol.06

2022年 新入社員の声 vol.06

PROFILE

メディアビジネス志望

社会学部 卒後藤 夏林Goto Karin
私の学生時代!

勉強も課外活動も心の赴くままに何でも挑戦した学生生活でした!
中世ヨーロッパの歴史に惹かれて社学にしたはずが、いざ学び始めると人権や知的財産権などの「個人の権利vs組織の利益」を巡る現代の社会問題がすごく面白くて。「知的財産権は創造を阻害するのか」というお堅い卒論で賞を貰い、大学生活の有終の美を飾れたのは結構自慢です。

大雨で死ぬほど寒い卒業式でしたが卒論から解放されて晴れ晴れした表情です。

大雨で死ぬほど寒い卒業式でしたが卒論から解放されて晴れ晴れした表情です。

また、幼い頃からチームで何かを作りあげることが好きで、大学ではミュージカルの役者や留学先のオーストラリアでは自主映画製作にも挑戦しました!現地の観客に初めて自分で一から作った映画を見てもらい、国や文化の壁を超えて自分の思いを伝えられた時の感動は今でも忘れられません。

声が低いのでミュージカルではおばちゃん役や悪役が多かったです。来世では可愛いヒロインをやりたいです。

声が低いのでミュージカルではおばちゃん役や悪役が多かったです。来世では可愛いヒロインをやりたいです。

Q.01

就活を始めたのはいつ?きっかけは?日テレに決めた理由は?

A

【就活を始めた時期】
留学を満喫しすぎてから就活を始めたので、大学4年の9月という周りよりもかなり遅れたスタートでした。テレビ局の選考が迫っていたので、帰国後の自宅隔離期間中に自己分析やESに急いで取り掛かったのを今でも覚えています。

海に囲まれてのびのびと過ごしていたらいつの間にか4年の9月でした。

海に囲まれてのびのびと過ごしていたらいつの間にか4年の9月でした。

【日テレに決めた理由】
留学先で初めて自分で映画を撮って映画祭に出品した時に、自分が携わったコンテンツを国を超えて楽しんでもらえることのやりがいを身を持って実感しました。就活時には自分が作品を作りたいのか、娯楽を届けることに携わりたいのか、一つに絞りきれていなかったのですが、日テレなら両方に対する興味を活かして挑戦できる環境があると思い、入社を決めました。

Q.02

採用試験の時、ES・面接などで心掛けたこと

A

「選考で得た気付きを、必ず次に活かすこと」を意識していました。
私は各選考で気付いたことをメモするようにし、その後の面接では必ず改善していくようにしていました。私の場合、他局の面接でオリジナルドラマの企画を聞かれた際には口頭で細かく説明をしてしまって分かりにくかったため、それ以降の面接で同じような質問をされた場合には企画の概要と人物相関図を入れた企画書を使ってプレゼンするようにしました。毎回ただ選考を受けるだけではなく、失敗や気づきは必ず次に活かし、同じ企業の選考ならば「前回の面接よりも成長した」ことを意識的に見せるようにしていました!

Q.03

印象に残っている研修や業務

A

一番印象に残っているのは技術統括局の研修です。今までは日テレの「コンテンツ制作」の側面ばかりに注目していましたが、技術の研修を通してアンテナや電波を使って「コンテンツを各家庭に届ける」という日テレの放送局としての側面を目の当たりにしました。テレビを見るという今まで当たり前に感じていた行為が、沢山の方々の「放送を届ける努力」があって初めて成立していると改めて実感した貴重な体験になりました。

電波を受信するアンテナの向きを遠隔で操作させてもらいました。これ結構難しいんです。

電波を受信するアンテナの向きを遠隔で操作させてもらいました。これ結構難しいんです。

Q.04

入社前と入社後とで感じたギャップ

A

「テレビ局=体育会系で上下関係厳しい」というイメージを持っていたので、海外に住んでいたり、緩い部活にしか入ったことがなかった私はやっていけるのだろうかと入社前はかなりビビってました。しかし、入ってみたら忙しい業務の間をぬって丁寧に質問に答えてくださったり、悩みを聞いてくださる良い方ばかりでいつも社員の方々の温かさに感動しています。まだ入ったばかりですが、今後後輩ができたら自分も気軽に頼ってもらえるような上司でありたいなと思います!

同期仲も非常に良いです!皆めちゃくちゃ優秀で、会うたびに刺激を受けています。

同期仲も非常に良いです!皆めちゃくちゃ優秀で、会うたびに刺激を受けています。

Q.05

就活生に一言!

A

皆さんもう耳タコだと思うのですが、成し遂げたことや能力を事実以上に大きく見せる必要は本当にないです!私自身これをした他社で落ちているので、信じてください。成果やスキルよりもよっぽど「あなた自身の考えたこと」の方が大事だと思います。今までやってきたことで「なぜそうしたのか、何を感じたか」をじっくり考えてみると、あなたの魅力や自分らしさの再発見に繋がると思います。考え抜いた先には、皆さんに合う場所が必ずあるはずです!もしそれが皆さんにとって日テレであるならば、いつか一緒に働けることを楽しみにしています!