まなび動画コンテスト
~所さん・杉野くん、まだまだまなぶことはありますよ!?~

今年のテーマは「新しいチカラを、まなぶ。」
小学生、10代、20代のみなさん!
“まなびメンバー”たちに、
あなたが「教えたい!情報や知識」を
16歳のトラックメイカーの音楽「NARUHODO」にノセて教えちゃってください!
「#まなびウィーク」をつけて、
TikTok、Twitter、Instagramに投稿しよう!
もちろん、“新しいチカラ”を身につけたオトナの投稿もOK!

コンテスト動画 募集期間

2020年4月7日(火)
~5月1日(金)23時59分

※動画投稿はキャンペーン期間中(4月29日~5月6日)まで可能。2日以降の投稿はコンテストの対象にはなりません。

コンテスト概要

★動画の内容

最近知った衝撃事実、身の回りで驚いたこと、偶然撮れたビックリ映像、あなたしか知らない雑学・・・などなど
“まなびメンバー”に「学んでもらいたいこと」「教えたいこと」をまなびウィークオリジナルの15秒の音楽に乗せて自由に作ってください。

★基本ルール

  • まなびウィークオリジナルの15秒音源を使ってください。
    音源はTikTokに搭載されているものか(「NARUHODO」で検索!)、このHPからダウンロードして再生するなどして使用してください。
    1つの投稿に、オリジナル音源は1種類だけ使ってください。
  • ②投稿は、TikTok、twitter、instagramにしてください。
    素敵な作品には事務局からDMを送らせていただきます。
    そのため、SNSアカウントに鍵をかけないでください。
  • ③投稿するときは必ず「#まなびウィーク」を付けてください。

※投稿の際には下部にある「応募規約」を必ずお読みいただき、同意の上、ご応募ください。規約に反する場合は、応募や選出が無効となるなどします。

★優秀作品発表は日本テレビの放送で!

投稿動画を“まなびメンバー”がチェック!お気に入りの作品を表彰します!

5月2日(土)13時30分~
※一部地域を除く
日本テレビ系列で生放送!

「新しいチカラの祭典 まなびフェス2020」
の番組内で発表!

あなたの作品が表彰されるかも!?
ドンドン動画を投稿してね!

音源(5バージョン)のYoutube動画×5

オリジナル音源は16歳の若きトラックメイカー「SASUKE」さんが制作!
題して・・・「NARUHODO」!
  • 所さん歌唱バージョン

    「なるほどなるほどねぇなるほどなるほど… うん、素晴らしい!」

  • 杉野さん歌唱バージョン

    「なるほどなるほどねぇなるほどなるほど… すごいね、尊敬しちゃう」

  • 3時のヒロインさん歌唱バージョン

    「なるほどなるほどねぇなるほどなるほど… アッハーン」

  • 桝アナ歌唱バージョン

    「なるほどなるほどねぇなるほどなるほど… 嘘でしょ!ほんと!?」

  • 水トアナ歌唱バージョン

    「なるほどなるほどねぇなるほどなるほど… もう、お腹いっぱい!」

5つの中から、好きな音源を流しながら動画をつくり「#まなびウィーク」をつけて、SNSに投稿しよう!
※動画はいくつ投稿してもOKです!

TikTokには音源が搭載されています!「NARUHODO」で検索もできるよ!

投稿動画のサンプル

人気TikTokerまいきちさん(15歳)もコンテストに挑戦!

“めばちこ→ものもらい”など東京で通じない関西弁(方言)を教える動画となります。

オリジナル音源作曲者 SASUKE

SASUKEさんのコメント

この曲を聴いたみんなの耳に残るように、変な音ばかりを選んで作りました。
楽しく踊れるテンポにしたので、みんながどんな映像を撮ってくださるのか楽しみです!

《SASUKEプロフィール》

2歳から自然と踊り出し、5歳から父親のMac Bookに入っていたGarageBandを見つけて遊びながら作曲を始め、6歳からDJ、9歳からフィンガードラム、12歳でAbleton Liveを手に入れ本格的に作曲を始める。10歳でニューヨークにあるアポロシアターの「アマチュアナイト」でダンスで優勝。12歳でフィンガードラムパフォーマンス日本一を決める大会「ACHIEVEMENT BEAT BATTLE」で大人に混ざり準優勝。

14歳の時に原宿で披露したフィンガードラムの路上パフォーマンスをきっかけに様々なメディアに取り上げられ話題に。

2018年12月に「インフルエンザー」でメジャーデビュー。15歳で新しい地図 join ミュージック「#SINGING」の作詞作曲を手掛け、Buffalo Daughter「Elephante Marinos」、m-flo「EKTO」、Ghost like girlfriend「髪の花」などの楽曲Remix、様々な企業とのコラボやラジオ番組のジングルなども多数手掛け、Spotify「Early Noise Artist2019」にも選出。

最近では久保田利伸の「JAM fo' freedom」リミックス(B.LEAGUE 2019-20 SEASON公式テーマソング)やSCANDALのアルバム『Kiss from the darkness』収録楽曲「Tonight」の編曲、サウンドプロデュースを担当。

2020年1月にはフランス出身のスーパー・プロデューサーMADEONの来日公演、東京マイナビ BLITZ 赤坂、大阪Zepp Osaka Baysideのオープニングアクトを務め、2020年2月には「JリーグFUJI XEROX SUPER CUP 2020」ハーフタイムショーに出演するなどSNSを通じて海外、国内からオファー殺到中の16歳トラックメイカー。

コンテスト応募規約

日本テレビ放送網株式会社(以下、「当社」といいます)が運営する「ゴールデンまなびウィーク事務局」(以下、「事務局」といいます。)は「まなび動画コンテスト~所さん・杉野くん、まだまだ学ぶことはありますよ!?」(以下、「本コンテスト」といいます。)を主催します。本コンテストにご応募いただく前に、このコンテスト応募規約(以下、「本規約」といいます。)をよくお読みいただき、ご同意の上、第2条(応募方法)に定められた方法でご応募ください。

【第1条(応募期間)】
本コンテストの応募期間は、2020年4月7日(火)〜5月1日(金)23時59分までとします。
【第2条(応募方法)】
  • 1. 本コンテストへの応募は、TikTok・Twitter・Instagramに、ハッシュタグ「#まなびウィーク」をつけて、公式キャンペーンオリジナル音源(以下、「公式音源」といいます。)を楽曲に使用して、本コンテストに応募される方(以下、「応募者」といいます。)ご自身が作成した動画(以下、「投稿動画」といいます。)を、ご自身が作成して管理するTikTok・Twitter・Instagramアカウント(以下「応募者アカウント」といいます。)に投稿する方法で行ってください。
  • 2. 公式音源は、TikTokアプリに搭載されているほか、「ゴールデンまなびウィーク」HPからダウンロードすることもできます。ダウンロードした公式音源を再生しながら動画を撮影していただく形でも構いません。なお、公式音源は5種類ありますが、1つの投稿動画につき1種類のみ使用してください。未成年の応募者は、保護者の同意を得た上で応募してください。
  • 3. 本コンテストの期間中、同一の応募者アカウントから複数の投稿動画を投稿して本コンテストに応募することができます。
  • 4. 応募者と一緒に投稿動画に写っている方がいる場合は、必ずその方から事前に投稿動画を本コンテストに使用することについて、許諾を得てください。
  • 5. 第5条(禁止行為)に定める行為(以下「禁止行為」といいます。)は行わないでください。
  • 6. 本コンテストの応募期間終了後も、引き続きTikTok・Twitter・Instagramに、ハッシュタグ「#まなびウィーク」をつけて、公式音源を楽曲に使用して、応募者アカウントに動画を投稿することは可能です(本コンテストへの応募としては扱われません。)。なお、その場合でも、第5条(禁止行為)の各号に定める行為(以下「禁止行為」といいます。)は行わないでください。
【第3条(審査)】
  • 1. 本コンテストの応募期間中に投稿された、第2条(応募方法)が全て満たされた投稿動画について事務局が以下の事項を総合的に判断して審査した上で、表彰作品候補を複数選出させていただきます。
    (1)動画として完成度が高いもの
    (2)TikTok・Twitter・Instagramアプリでの再生回数、ハート、コメント数
    (3)その他前二号に類するものと当社が判断する事項
  • 2. 審査結果の発表については、表彰作品候補を投稿した応募者に対し、TikTok・Twitter・Instagramアプリのメッセージ機能(DM)で事務局から選出の連絡をします。選出の連絡から3日以内に当該応募者からの返信をいただけない場合は、選出を無効とさせていただきますのでご注意ください。また、事務局から連絡をする際に、本規約に定める範囲で投稿動画を使用することについて、本規約への同意をいただけるかを確認させていただきます。ご同意いただけない場合は、表彰作品候補の選出から取り下げさせていただきます。応募数に関わらず、表彰作品候補の選出は、投稿者お一人につき、1つの投稿動画までとなります。
  • 3. 当社は、審査過程や審査結果に関するお問い合わせについてはお答えできません。
  • 4. 表彰作品候補は、さらに事務局にて審査を行い、まなびメンバーが個人的に推薦する作品をそれぞれに選びます。発表は、「ゴールデンまなびウィーク」期間中の2020年5月2日13時30分~15時で放送される日本テレビの特番(以下「本特番」といいます。)で行います。
【第4条(使用範囲)】
  • 1. 事務局は、表彰作品候補及び表彰作品について、第3条(審査)第4項の本特番での放送のほか、事前告知として、日本テレビ系列の情報生番組、ゴールデンまなびウィークに関わるミニ番組での露出、また、事前告知及び結果報告として、日本テレビ公式のTikTok・Twitter・Instagram等のSNS、キャンペーンホームページなどで使用させていただく可能性があります。表彰作品候補及び表彰作品の応募者におかれましては、これらの使用について許諾をお願いします。
  • 2. 当社は、表彰作品候補及び表彰作品を使用する際に、例えば短縮をしたり、複数の作品を一画面に並べたり、特定の場面をトリミングするなど、本特番での放送、事前告知、結果報告として使用するに適した形での編集等を行わせていただくことがありますので、ご了承ください。
【第5条(禁止行為)】
本コンテストへの応募にあたっては、禁止行為は行わないでください。当社が禁止行為を発見した場合、応募や選出を無効としたり、権利者に連絡したりするなど、然るべき対処を取るものとします。
  • (1) 撮影が禁止されている場所、及び危険な場所で撮影する行為
  • (2) 大声を出す・大音量で音楽を流す、道を塞ぐなど、第三者に迷惑になる行為
  • (3) 本規約・法令に違反する行為
  • (4) 本コンテストの運営を妨げる行為
  • (5) 第三者に迷惑、不利益、損害又は不快感を与える行為
  • (6) 第三者を誹謗中傷し、又はその名誉若しくは信用を毀損する行為
  • (7) 第三者の著作権その他の知的財産権含む一切の権利を侵害する行為(キャラクターグッズ、別音源、コスプレの使用など)
  • (8) 第三者の財産、プライバシー若しくは肖像権を侵害する行為
  • (9) わいせつ、児童ポルノ及び児童の性的搾取を助長するデータを応募する行為
  • (10) 営利を目的とした情報提供、広告宣伝もしくは勧誘行為
  • (11) 選挙活動、またはこれに類する行為、その他政治もしくは宗教に関する行為
  • (12) 公序良俗に反する行為、犯罪行為、またはそのおそれのある行為
  • (13) 虚偽または誤認を与える情報を入力、送信する行為
  • (14) TikTok・Twitter・Instagram等アプリの利用規約に違反する行為
  • (15) 第三者になりすます行為
  • (16) 当社、当社の役職員もしくは他のお客様に対し、暴力、威迫、威力もしくは偽計を用い何らかの要求をなし、または不当な要求をすること
  • (17) 当社が悪質又は不適切であると判断する行為
  • (18) その他、前各号に類する行為
【第6条(個人情報)】
別途本規約で定める場合を除き、当社は、本コンテストに際して応募者より提供いただいた個人情報を本コンテストの運営に必要な範囲内で利用します。また、当該個人情報は当社、並びに委託先の(株)日テレアックスオン、及び(株)フォアキャスト・コミュニケーションズで適切に保管いたします。なお、個人情報の取扱いについては、当社の「プライバシーポリシー(https://www.ntv.co.jp/pim/)」をご参照ください。
【第7条(注意事項)】
本コンテストに応募するに当たり、以下の各号に注意してください。
  • (1) 投稿動画の投稿にかかる通信料などは応募者ご自身の負担とさせていただきます。
  • (2) 投稿動画の投稿後に応募者アカウントが削除された場合、応募は無効とさせていただきます。
  • (3) 投稿動画の投稿に起因する応募者アカウントの制限や凍結等に関して当社は責任を負いかねます。
  • (4) 本コンテストはTikTok・Twitter・Instagram社の提供・協賛によるものではありません。
  • (5) 投稿された投稿動画は本コンテスト終了後もTikTok・Twitter・Instagramアプリ内及びYouTube等のWEB上で一般的に閲覧が可能な状態となります。
  • (6) 日本テレビおよびホールディングス、ネットワーク各局の、各社社員および関係者の方のコンテストへの応募はご遠慮ください。
  • (7) 本コンテストは、やむを得ない事情により中止または内容が変更となる場合があります。
【第8条(準拠法及び管轄)】
本規約の準拠法は日本法とし、本コンテストに関連する紛争は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とさせていただきます。