SKIP
みんなのミュシャ
ミュシャからマンガへ ― 線の魔術

2019年7月13日~9月29日 Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷・東急本店横)

HIGHLIGHT みどころ

アール・ヌーヴォーを代表する芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。彼が紡ぎだした、線の魔術とも言える華やかなポスターは、今もなお世界中の人たちを魅了し続けています。本展は、ミュシャが手掛けたポスターはもとより、彼の作品に強い影響を受けた日本の明治期の文芸誌、1960年代を中心にアメリカ西海岸やロンドンで一大ムーブメントを巻き起こしたグラフィック・アート作品、そして、日本のマンガ家やイラストレーターの作品など250点以上を展示します。2019年は画家の没後80年となる節目の年。作品を通じて、時代を超えて愛されるミュシャの秘密を紐解く、これまでにない画期的なミュシャ展です。
ミュシャ、その影響力絶大!
アール・ヌーヴォーを代表する芸術家、アルフォンス・ミュシャの作品に加え、
彼に影響を受けた日本国内外のマンガ家、グラフィック・アーティストの作品、
250点以上でめぐる「みんなのミュシャ」展。
※出展作品の情報は、今後、こちらの展覧会公式HPにて公開してまいります。
  • 天野喜孝 (画家・アーティスト / 「ファイナルファンタジー」シリーズほか) ミュシャの描いたファンタジーの世界に触発されて、現実の世界ではなく、想像の世界、神話性のある物語の世界というものを描きたいと思いました。例えば美しい女性、それを取り巻く様々な魔物とか、モンスターとか、あるいは妖精も
  • 出渕裕 (アニメーション監督「ラーゼフォン、宇宙戦艦ヤマト2199」 / メカニックデザイナー「機動警察パトレイバー」ほか / イラストレーター「ロードス島戦記」ほか) 仕事でお金がある程度入るようになってからは、ミュシャの画集が出れば必ず買おうとしていました
  • 波津彬子 (マンガ家 / 「雨柳堂夢咄」ほか) 髪の流し方とか、衣服のひだの流れ方とか、そうした要素がとても少女マンガ家の美感にマッチするわけです
  • 松苗あけみ (マンガ家 / 「純情クレイジーフルーツ」ほか) コマーシャリズムの要素もありながら、絵画的でもあり、装飾美にもあふれて、それを一幅の絵に収めているのはミュシャだけだった
  • 水野英子 (マンガ家 / 「ファイヤー!」ほか) ミュシャの絵を初めて見た時、あまりにも自分の中と共鳴するものがあって一瞬立ちすくんだ
  • 山岸凉子 (マンガ家 / 「日出処の天子」ほか) マンガは手塚治虫先生が作ったものですが、その中で少女マンガには、日本のデザインの黎明期にミュシャが与えた影響が色濃く出ていると思う

TICKET チケット情報

2019年4月、チケット発売!!

特典付きのお得なチケットも販売いたします。
詳細はこちらの展覧会公式HPにて
公開してまいります。
入館料(税込)当日前売/団体
一般1,600円1,400円
大学・高校生1,000円800円
中学・小学生700円500円
  • ◎団体は20名様以上。
  • ◎学生券をお求めの場合は、学生証のご提示をお願いいたします。(小学生は除く)
  • ◎障害者手帳のご提示で割引料金あり。詳細は窓口でお尋ねください。