日本テレビでは、番組制作を支える技術制作チームが、中継車とともに学校を訪問する『日テレ体験教室』を開催しています。テレビ作りの第一線で働く技術スタッフが、「カメラワーク」技術や音声の「ミキシング」技術を実演したり、テレビ中継の仕組みや映像編集の大切さなど、番組が届くまでの過程をわかりやすく紹介します。もちろん、見るだけでなく実際に機材に触れ、体験していただきます。 テレビについてもっと知りたい!そんな好奇心溢れるみなさんと触れ合いながら、テレビ制作の裏側を紹介していく体験キャラバンです。

全90分

  • テレビがみんなに届くまで...

    テレビがみんなに届くまで...

    中継の実演・説明
    テレビのお仕事の紹介

    全10分

  • 番組はどうやって作るの?

    番組はどうやって作るの?

    プロジェクタを使っての授業
    カメラマンや音声さんの実演

    全20分

  • 実際に触ってみよう!

    実際に触ってみよう!

    「カメラ」「音声」「中継車」を体験 ホンモノの機材をさわってみよう

    全60分

※現在は応募を受け付けておりません

  • 授業時間:90分~150分 (内容・人数による)
  • 準備期間:約半日(午前中の授業の場合は前日)
  • 対象地域:日本テレビの放送エリア (東京、神奈川、千葉、埼玉、群馬、栃木、茨城)
  • 対象学年:小学生から高校生
  • 対象人数:約50~150名程度
  • スタッフ:日本テレビ技術社員10~15人
  • 場所  :体育館・視聴覚室など(座学用) / 中継車の駐車スペース(体験用)
  • ※放送を前提としたものではありません。
  • ※児童の誘導など、先生・保護者の皆様のご協力をお願い致します。
  • ※費用はかかりません。
  • ※電源やプロジェクタなど学校の備品をお借りします。
  • ※テレビや新聞の取材が入ることがあります。
  • ※年間、不定期で、5~6回程度の開催を予定しています。
  • ※日程や機材の都合により、ご希望に添えない場合があります。ご了承ください。
  • ※応募多数の場合は、抽選とさせていただきますのでご了承ください。