放送内容

2018年2月8日(木)

テーマ①「もったいない料理、食材 得ワザリメークベスト3」

主婦が、もう一度食卓には出しづらい、
でも捨てるのは惜しい…と悩む余りがちな料理&食材
「2日目のみそ汁」、「揚げ物で余ったパン粉」、「2日目のカレー」を
得ワザで絶品リメーク!

3位 <2日目のみそ汁>

朝ごはんの定番、みそ汁は余ったら冷蔵庫に入れ保存して、
翌朝、温め直して食べることが多いが、何度も温めなおすと味噌の風味が飛んでしまい・・・
おいしくなくなる。さらに、具材もぼろぼろになり、イイ所なし・・・
そんなみそ汁をリメークしてくれるのは!
得損ヒーローズのエース、家事のスペシャリスト芸人「家事えもん」!

蒸し器も使わず、わずか5分で作れる茶碗蒸しを紹介。

◆「余ったみそ汁に、冷蔵庫のを入れて、
 レンチンすればたった5分で本格茶碗蒸しに!」

【材料(4個分)】
  • みそ汁  350ml (おたま約6杯)
  • 卵    4個
【作り方】

① ボウルに卵を割りよくとく。

② ①にみそ汁を加えて混ぜる。

③ ②を耐熱容器に等分して移す。

④ 500Wの電子レンジで3分加熱、場所を入れ替えてさらに2分加熱する。

※レンジの性能により加熱時間は多少異なります。様子を見ながら、ご調整してください!

★家事えもんポイント★
・卵が固まるのは熱が加えると、卵の中にあるタンパク質同士が結びつくため、
 更にタンパク質は塩分が混ざると、より強く結びつくという性質がある!
・そして、何度も温めなおした余ったみそ汁の味噌は風味がすでに飛んでいるため、
 気にならないことに加え、茶碗蒸しに必要なダシはみそ汁のダシで補われるので、
 一石二鳥!
・卵と余ったみそ汁を混ぜるだけなので、お子さんと一緒に簡単に作れます!

2位 <揚げ物で余ったパン粉>

揚げ物を作った後のパン粉は、卵もついてしまい他に使い道もないため、
なくなく捨てている方も多いはず!そんな余ったパン粉をリメークしてくれるのは!
パンの技能・歴史・知識を幅広く持った人に与えられる、パンシェルジュ2級の資格を
持つパンのスペシャリスト!得損ヒーローズ 6番目バタコやん!

まるで某高級ホテルで出される世界一と
呼び声の高い絶品フレンチトーストをパン粉でリメーク!

◆ 「余ったパン粉に、ハチミツを混ぜ、卵焼き器を使って
 加熱すれば、たった10分で絶品フレンチトーストに!」

【材料】
  • パン粉   30g
  • 牛乳    50ml
  • 卵     1個
  • ハチミツ  大さじ2
  • バター   お好み
【作り方】

① パン粉をボウルに入れ牛乳、溶いた卵を加えて、よく混ぜ合わせたあと、
ハチミツを加えてよく混ぜる。

★バタコやんポイント★
・卵液が染み込みやすいパン粉を使うことで、味が浸透しやすくなる!
・ハチミツは、砂糖より早く食材に浸透し、
 そして化粧品にも使われているほど、保湿性が高く、熱を加えても、
 水分を蓄えることができるので、焼けば生地がしっとり!

② 卵焼き器にバターを敷いて①の卵液を浸したパン粉を流し込み片側に寄せて、
フレンチトーストの形に整えながら中火で片面を3分から4分ずつ焼く。

③ 器に盛り付けお好みでバターとハチミツをかける。

★イタリアンの鬼才・小林幸司シェフの格上げポイント★
・特にじゃがいものコロッケを作るときに、残ったパン粉を使うのがおススメ。
 →じゃがいものでんぷんでさらにもっちりおいしいフレンチトーストになる。
・ただし、肉や魚を揚げて残ったパン粉はその風味が残ってしまうこともあるので、
 塩胡椒やケチャップで味付けをしてオムレツ風にすれば、おいしくなる。

番外編① <カピカピの余りお寿司>

他にも捨てるにはもったいないという声が多かった・・・
パーティーやお祝いごとで買うのはいいものの、よく余るスーパーのパック寿司!
冷蔵庫に入れ、後で食べようとしても酢飯はパサパサ、おいしいとは言い難い。
そんな余ったお寿司をリメークしてくれるのは、
シェフなんとかしての企画でお馴染みのイタリアンの鬼才・小林幸司シェフ!

お寿司にある調味料を混ぜて10分もかからず絶品サラダにリメーク!

◆ 「余ったカピカピ寿司は、オリーブオイルと混ぜれば
 絶品イタリアンサラダに!」

【材料】
  • 余った寿司7貫(まぐろ・サーモン・いか・たこ・あなご・えび・たまご)
  • オリーブオイル    適量
  • 酢漬けのケッパー   大さじ1
  • きゅうり       1/3本
  • ミニトマト      3個
  • チーズ        20g
  • 玉ねぎ         1/3個
【作り方】

① 寿司のネタとシャリを分け、シャリにオリーブオイル小さじ2と1/2を入れ。
潰さないようにシャリをほぐし(1粒1粒オリーブオイルでコーティングするように)、さらに酢漬けのケッパーを加えて軽く混ぜる。

★イタリアンの鬼才・小林シェフポイント★
・本来「インサラタ・ディ・リゾ」という米のサラダは一度、ご飯の水分を
 取り除くのだが、余ってカピカピになったお寿司のシャリを使うことで、
 手間を省けた!
・さらに、酢飯にはすでに味がついているため、オリーブオイルを混ぜるだけで
 味付けは完了!

② 寿司ネタは1cm角程度に切る。

③ ミニトマトを8等分に切り、
玉ねぎは、みじん切り、きゅうりとチーズは、5mm角程度に切る。
②と共にボウルに入れてオリーブオイル大さじ1でマリネする。

④ 卵寿司についていた海苔を細かくみじん切りし別のボウルに入れて、
オリーブオイル大さじ1/2を入れてマリネする。

⑤ ①、③を混ぜて盛り付け、最後に④をのせる。

※ナマモノのため、賞味期限内のお寿司を使用してください。


番外編② <普通は捨ててしまうらっきょうの汁>

たとえお金はゼロでも美味しい貧乏レシピを生み出す新ヒーロー・ぜにまる子ちゃん。
その正体は、芸人歴13年にして、まだまだお金がないという牧野ステテコ!

貧乏生活ゆえに捨ててしまうらっきょうの汁のリメークレシピを編み出した!

◆ 「普通は余って捨ててしまうらっきょうの汁に牛乳を
 混ぜればまるでコーンスープになる!」

【材料】
  • らっきょうの汁   大さじ1
  • 牛乳         200ml
  • バター       10g
  • 塩胡椒        少々
【作り方】

① 鍋に牛乳とバターを入れ弱火で温め、バターが溶けたら塩こしょうを入れて混ぜる。

② ①にらっきょうの汁、大さじ1を入れて約2分間よく混ぜ器に盛り付け、
お好みで乾燥パセリをふる。

※ 熱々の状態で飲むことがオススメ!冷めると、らっきょうの匂いが目立ちます。


1位 <2日めのカレー> 

2日目のカレーは冷めて固まり、ザラザラとして食感も悪くなる・・・
そんなカレーをリメークしてくれるのは!
DAIGOがヴォーカルを務めるバンド‟BREAKERZ“のギタリスト・SHINPEI!
ロックで超ワイルドなルックスとは裏腹に調理師免許や食生活アドバイザーの資格を持ち、中でも特に凝っているのはお弁当!得損ヒーローズ19番目の得弁ライダー!

今回は、2日目のカレーをお弁当のおかず用にリメーク技を紹介!

◆ 「2日目のカレーにハチミツを混ぜるだけで
 冷めても美味しいお弁当のおかずになる!」

【材料(2人前)】
  • 残り物のカレー          250g
  • 市販のミートボール(味変のため) 1袋
  • ハチミツ             小さじ2
  • ご飯               適量
  • 卵                3個
  • 片栗粉              小さじ1
  • マヨネーズ            小さじ1
【作り方】

① 残り物のカレーとミートボールを耐熱容器に入れ600Wの電子レンジで3分加熱する。

② レンジで加熱したカレーが、湯気が出なくなったあたりに、ハチミツを加え、混ぜる。

★得弁ライダーポイント★
・ハチミツに含まれるアミラーゼとよばれる酵素が
 デンプンが固まるのを分解して、とてもいい食感にしてくれる。
・アミラーゼは80℃以上の熱を与えてしまうと効果がなくなってしまうため、
 湯気が出なくなったあたりで混ぜてください。

③ 卵、片栗粉、マヨネーズを混ぜ、フライパンで焼く。

④ 薄焼き卵にカレーを入れ、包み込む。

⑤ ④にご飯を入れお弁当箱に盛り付ける。

バックナンバー