5月の放送案内

2022年5月19日(木)2:35~3:35(水曜深夜)予定
BS日テレ 5月28日(土)朝7:00~8:00予定

次回予告 演奏レビュー

5月放送予告

2022年5月19日(木)2:35~3:35(水曜深夜)予定
BS日テレ 5月28日(土)朝7:00~8:00予定

5月放送ナビゲーター

小林萌花
(BEYOOOOONDS)

5月放送プログラム

ブラームス作曲   交響曲第3番 ヘ長調 作品90

指揮
太田弦

(2022年2月24日 新宿文化センターにて収録)


【5月の演奏・聴き所】
音楽プロデューサー 新井鴎子の演奏レビュー

新井鴎子プロフィール
読響プレミアの音楽監修を担当
クラシック音楽のコンサート・テレビ・ラジオ番組の構成を多数手掛け、長年にわたりその楽しみや魅力を親しみやすく伝えてきた。
音楽祭のディレクターやオペラ・ミュージカルの脚本、執筆活動など〈クラシック音楽〉の分野で幅広く活躍している。
現在、東京藝術大学特任教授。

【ブラームス作曲 交響曲第3番 ヘ長調 作品90】
指揮者の太田弦28歳。少年のような風貌からは想像できない、巨匠のように大らかで重厚な響きを作り出していました。指揮棒を使わず、表情豊かに腕全体を動かして、オーケストラを気持ちの良い音楽の流れにのせていきます。リハーサルの時マエストロが半袖のTシャツを着ていらしたので筋肉りゅうりゅうの腕がよく見えましたが、太田マエストロの音楽も、ぶよぶよしていない、引き締まった筋肉質の音色で構成されていて、現代の若いブラームスを感じました。


演奏者の略歴

太田弦(指揮)
太田弦(指揮)
Ohta Gen
1994年北海道札幌市に生まれる。幼少の頃より、チェロ、ピアノを学ぶ。
東京芸術大学音楽学部指揮科を首席で卒業。学内にて安宅賞、同声会賞、若杉弘メモリアル基金賞を受賞。同大学院音楽研究科指揮専攻修士課程を卒業。
2015年、第17回東京国際音楽コンクール〈指揮〉で2位ならびに聴衆賞を受賞。
指揮を尾高忠明、高関健の両氏、作曲を二橋潤一氏に師事。山田和樹、パーヴォ・ヤルヴィなどの各氏のレッスンを受講する。これまでに読売交響楽団、札幌交響楽団、群馬交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪交響楽団などを指揮、今後さらなる活躍が期待される若手指揮者筆頭。

公開収録のご案内

応募は終了しました。たくさんのご応募ありがとうございました。

ページの先頭へ