出演者

キャスター

  • メインキャスター

    有働 由美子

    Yumiko Udo

    1969年鹿児島生まれ、関西育ち。
    27年間勤務したNHKアナウンス室を退職し
    2018年10月1日よりzeroキャスター。

    COMMENT

    いわゆる “ニュースキャスター” やめます。

    ニュースを見るときに、私自身がしていることがあります。
    私が被害者だったら、どう感じるのか。
    加害者だったら、その家族だったら・・・
    そして
    このニュース、私に関係あるのか?
     
    「自分にとっては」
     
    そう考えると、手に負えない遠い国の戦争も、一握りのエリートの事件も、わかりづらい統計の数字も、すべてつながってくる。
    ニュースが面白くなれば、世の中が違って見えてくる。
    「ひとごと」にしていても、自分の世界は変わらない。
    新しい世界を見つけにいきませんか?
     
    「自分にとっては」
     
    みなさんと一緒に考えるために・・・
    いわゆる “ニュースキャスター” やめます。

  • キャスター

    櫻井 翔

    Sho Sakurai

    1982年1月生まれ。東京都出身。
    「嵐」メンバーとして1999年から活動。
    2006年からzeroキャスターを務める。

    COMMENT

    "私は社会人経験がありません"

    中学生の頃より芸能界に身を置いた私は、アルバイトの経験も、就職活動の経験も、
    会社員としての経験もありません。

    いわゆる"社会人"としては、経験していないことが多いと思っています。

    働き方改革。様々なハラスメント。育休。

    社会の仕組みを知らないことが多い私の取材を通じて、視聴者の皆さま…
    特に若い世代の皆さまの、"知らなかった"を知って頂けるよう努めます。

    知ることで、社会の一員として成長出来ると信じて。

    櫻井翔

今週のパートナー

  • 火曜日

    落合 陽一

    Yoichi Ochiai

    1987年9月生まれ、東京都出身。
    博士(学際情報学)。
    ピクシーダストテクノロジーズCEO、メディアアーティスト。
    筑波大学でメディア芸術を学び,東京大学を早期修了し博士号を取得。
    2015年筑波大学着任、2017年より筑波大学准教授として研究や教育に従事。

    COMMENT

    工学研究、教育、芸術、技術ベンチャー経営に関わる
    四足のわらじを履いている人間ですが
    社会に対して「もっとこうなったら良くなるのに」
    「こんな視点で物を考えると自由な発想が出て来る」など今、
    我々の社会が停滞しているような雰囲気を
    より良い方向へ変えたい、
    多様性を許容できる技術や文化の成熟した社会を
    目指したいと思うことは人生の中で多々あります。
    その気付きやキッカケを視聴者の皆様と共有することによって
    日本もしくは世界全体の文化や技術の発展に寄与出来るように
    さまざまな領域にまたがっているがゆえに
    僕しか出来ない視点で、皆様の気付くキッカケになればと思い
    日々のニュースと向かい合っていきます。

  • 水曜日

    辻 愛沙子

    Asako Tsuji

    1995年11月生まれ。東京都出身。
    中高時代をイギリス、スイス、アメリカで過ごし
    慶応義塾大学在学中から
    クリエイティブディレクターとして広告代理店に入社。
    特にSNSを活用した10代・20代向けのヒット企画を多く手がける。

  • 野球解説

    高橋 由伸

    Yoshinobu Takahashi

    1975年4月生まれ、千葉県出身。桐蔭学園高で甲子園出場。慶應大卒。
    1997年ドラフト1位で巨人入団。中心選手として活躍しアテネ五輪出場。
    前巨人監督。2児の父。2019年4月よりzero野球解説を努める。

    COMMENT

    キャンプを始め、イチローさん、松井秀喜さんなど取材に行かせて頂いて伝える側の難しさを痛感しています。
    これまで野球界で経験してきたこともたくさんありますので、それを踏まえて色々なことをみなさんに伝えていければと思います。もちろん良い部分だけでなく悪い部分も逃げずに。
    櫻井くんは、慶應大学の後輩ですから、
    助けてもらいながらやっていければと思います。
    宜しく御願い致します。

  • ニュース解説

    小栗 泉

    Izumi Oguri

    1964年、東京生まれ。
    2020年には2度目の東京オリンピックを経験予定。
    社会部や政治部、「きょうの出来事」MCなどを経験したあと、
    一度会社を辞めて、アメリカの大学院で研究員をしたこともある変わり種。
    現在、報道局担当局次長(兼)政治部長。

    COMMENT

    「ニュースをじぶんごとに」というコンセプトのもと、
    解説を担当することになりました。
    でも、「風が吹けば桶屋が儲かる」といった説明で、
    無理やり「じぶんごと」にしても、意味はないでしょう。
    ニュースに潜む、悲しさ、面白さ、難しさを
    有働さんと会話しながら探りあてていくことで、
    皆さんの「じぶんごと」の袋を少しだけ膨らませられたら、
    と夢見ています。

  • ニュース解説

    小野 高弘

    Takahiro Ono

    1971年7月、京都市生まれ。
    社会部でオウム真理教事件やロシア、北朝鮮のスパイ事件など取材。
    政治部で小泉政権の官邸を担当。東日本大震災では福島第一原発と向き合う。
    ニューヨーク支局長を経て国際部デスク。

    COMMENT

    「国際は小クサいもの」。そんな思いで毎日ニュース原稿を書いています。
    人種、民族、国、宗教…自分とは異なる人たちを「ちょっとクサい」と感じるがゆえに生じる軋轢。日本人もいまや、いろんなにおいを飲み込んだり、そこに飛び込んだりしなければならなくなっています。
    「なぜそんなことをするの?」「なぜそんなふうに考えるの?」
    そんな「においのもと」を、news zeroのさまざまなニュースの中でしっかり分析してお伝えするようつとめます。

  • 岩本 乃蒼

    Noa Iwamoto

    1991年9月大阪府生まれ。
    朝の情報番組などを担当した後、2017年10月よりzeroキャスターに。
    特技はフラメンコ。
    取材においても、その時々の疑問を大切に、情熱をもって臨みます。
    座右の銘は「意志あるところに道あり」

    COMMENT

    大阪の繁華街で生まれ育ち、“笑い”が大好き。
    そんな私が、ニュースを見るようになったのは中学生の頃、
    当時始まったばかりの「NEWS ZERO」でした。
    それまでテレビといえば、おもしろいものだったのが、
    知りたいことを教えてくれる、
    気付きを与えてくれるものになりました。
    私がそうだったように
    「news zero」がご覧の皆さまにとって
    気付きの場となるよう、
    そして皆が笑顔で過ごせる毎日になるよう、
    大それたことではなく常に身近な疑問を近くから取材し、
    分かりやすくお伝えしていきたいと思います。

  • 畑下 由佳

    Yuka Hatashita

    1991年10月生まれ。
    これまで幅広いジャンルの番組を経験したのち、
    現在は報道やサッカー番組・中継を中心に担当。
    防災士、サッカー審判員の資格を持つ。
    趣味はカメラ片手に街歩き。
    news zeroの中でも、世の中で起こる様々な出来事の瞬間を肌で感じ、
    しっかり捉えていきたいです。

    COMMENT

    ニュースが点から線になる、理解が深まるのはその瞬間です。
    世の中の出来事をお伝えする中で、
    皆さんが感じる1つ1つの疑問を一緒に紐解いていったり、
    また、それぞれの考えが交じり合って、
    新たな発見や知識が生まれたりする番組にしていきたいです。
    金曜日の夜、ホッとリラックスする時間帯に、
    テレビの前でお会いできれば嬉しいです。
    心を込めて丁寧にお届けします。

  • 山本 紘之

    Hiroyuki Yamamoto

    1988年8月生まれ。千葉県松戸市出身。
    中学からサッカーを始め、柏レイソルユース・明治大学体育会サッカー部でFWとしてプレー。
    大学時代には全国制覇達成。「泥臭いプレー」に定評あり。
    入社後はリオ・平昌五輪、ブラジル・ロシアW杯を現地取材。

    COMMENT

    2018年10月に新news zeroがスタートし、手探りながらもここまで一生懸命走って参りました。
    序盤は特に、一生懸命過ぎて無理している感があったかもしれません。その節は失礼致しました。
    でも最近は、夜のテンションに慣れてきたようです。落ち着いて臨めています。おそらく。
    そして何より、演者同士のチームワークが高まっていることを実感しております。
    さらに強固なチームとなって、華麗な連携を見せて、東京五輪を迎えたいと思っております。
    引き続き、よろしくお願い致します。

  • 弘 竜太郎

    Ryutaro Hiro

    1995年10月、もんじゃの地・月島生まれ。
    学生時代は高校から7年間続けたラクロスで学生日本一。
    休日は4歳から始めたバイオリンを演奏しています。
    大好きなスポーツの担当として、
    熱量とテンポ感を持ちながら、
    シーンごとの魅力を伝えたいと思います。

    COMMENT

    山本ヒロ之アナと共に「Wヒロ」でスポーツをお伝えしている、ヒロ竜太郎です。
    青春を捧げたラクロス。競技の珍しさ故に、魅力を伝えることの難しさを実感しました。
    高校の文化祭で披露した漫才。言葉で表現し伝えることの楽しさに出会い、アナウンサーになりました。
    メジャーな競技にはより深い関心を持ってもらい、マイナーな話題にはまず振り向いてもらう。
    そして1人でも多くの方にスポーツのファンになって頂けるよう、丁寧に熱く!お伝えします!

  • 河出 奈都美

    Natsumi Kawade

    1996年8月、東京都生まれ。
    6歳から16歳まで日本舞踊を習い、国立劇場でも舞台を経験。
    大学時代はラオスでのボランティア活動に打ち込む。
    趣味はゲーム、好きな音楽はボーカロイドと、サブカルチャーにも親しんできました。

    COMMENT

    この度、新たにzeroファミリーに加えていただくことになりました。
    私は「好きなもの」の話をしたり、聴いたりすることが大好きです。好きになることで自分の世界が広がる楽しさを知った一方で、私自身も誰かの「好き」を増やせる存在になりたいと思い、アナウンサーを志しました。
    カルチャーキャスターとして、少しでも多くの方の「好き」なカルチャーを増やし、ニュースを「じぶんごと」と捉えていただけるよう、また若い世代ならではの視点も生かしながら、真心をこめてお伝えして参ります。
    どうぞよろしくお願いいたします。

  • 河西 歩果

    Honoka kawanishi

    1996年7月生まれ。山梨県出身。
    中央大学法学部卒業。
    5歳から13年間続けたフィギュアスケートでは
    インターハイ準優勝。
    趣味はスキューバダイビング・ヨガで
    休日は海や山に出かけます。

    COMMENT

    今の自分を“色”で表すと?
    同じような毎日を過ごす中で、いつもとちょっと違う色を
    取り入れていくと、自分だけのカラーが出来上がります。
    自分だけのカラー、つまり、自分らしさ。
    未知のカルチャーに触れることで、毎日に新しい“色”を取り込み
    「私らしく生きることってなんだろう?」と一緒に考える
    きっかけを作れたら嬉しいです!

    真夏の太陽にも負けない健康的な肌を武器に
    素直に、元気に情報をお届けして参ります!

ナレーター

  • 月~木担当

    荒井 聡太

    Sohta Arai

  • 月~木担当

    新井 麻希

    Maki Arai

  • 金曜担当

    駒田 航

    Wataru Komada

  • 金曜担当

    秋元 うらら

    Urara Akimoto

  • スポーツ担当

    林 高也

    Takaya Hayashi