厄介者

『タイワンスジオ ~沖縄 食物連鎖の頂点~』

詳細はこちら

レストラン

『リストランテ・フィオレンツァ』

詳細はこちら

放送内容

2017年9月24日『タイワンスジオ ~沖縄 食物連鎖の頂点~』

今回、太一がやってきたのは、沖縄県。
太一「そんなに沖縄には外来種が増えてるんですか?」
加藤「いろんな(外来種の)生き物が身近の所にもいる」
そう言うのは、静岡大学で外来種を研究している加藤英明。
と、道の脇の水路に、
加藤「小さい魚が泳いでますよ!」
いたのは、北米原産の“カダヤシ"。
プランクトンから稚魚まで食べる雑食のうえに、攻撃的。
その名の由来は“蚊を絶やす"から。
蚊の子供であるボウフラ駆除に輸入されたが、生息場所やエサが重なるメダカが減る原因になってしまった。
さらに、木の根元には、
加藤「これ外来種の“アフリカマイマイ"」
東アフリカ原産、20cmにもなる世界最大級のカタツムリ。
食用に輸入されたが、捨てられ繁殖。
柔らかい葉を好み、農業被害があるだけでなく、殻を成長させるカルシウムを摂るために、コンクリートまで食べてしまう。
そして、池にも、
加藤「アフリカの魚“ティラピア"がいますね」
食用に輸入されたが普及せず、放流され繁殖。
口に入るものは何でも食べる雑食で、エサが無ければ共食いするほど凶暴。
季節を問わず、2000個ほどを産卵し、定着すれば生態系を完全に破壊する。
そんな外来種だらけの沖縄の状況に、太一は助っ人を呼んでいた。
岡村「来たぜ!」
ナインティナイン・岡村隆史!
太一とは、「ぐるナイ」を通して19年来の親友。
生き物と沖縄を愛する男でもある。
そして、今回捕獲する厄介な生き物は、
加藤「台湾からやって来た“タイワンスジオ"」
台湾原産、タイワンスジオ。
革製品の材料に持ち込まれたものが野生化。
沖縄では、猛毒のハブよりも厄介と言われ、環境省が懸賞金を設け、捕獲に乗り出していた。
最大2mを超え、成人男性の腕ほどの太さな上、食欲も旺盛。
しかも、ハブのような待ち伏せではなく、エサを求めて動き回るため、捕獲が困難。
ハトやウサギくらいなら、一飲みにしてしまう。
つまり、沖縄で食物連鎖の頂点に君臨。
加藤「生息域を拡げて日本の固有種を食べてしまう恐れがある」
タイワンスジオは捕食のため昼間に行動する。
その捕まえ方は、専門家いわく
加藤「腕を噛ませて捕まえる!噛まれたらチャンス!」
太一「確認なんですけど…毒はないんですよね?」
加藤「ないと、言われている」
岡村「言われている?ホンマに大丈夫なん!?」
少々不安だが、捜索開始へ。
加藤「実の生っている木の上に潜んでいる場合もある」
マレー半島原産・モモタマナ。果肉は鳥やコウモリの大好物。
種の中の「仁」と呼ばれる部分は、生でもローストでも食べられる。
タイワンスジオは、そんな木の実を食べに来る鳥たちを狙う。
加藤「日当たりの良い森の淵には木の実がたくさんある」
そして、忘れてはならない
太一「ハブ注意の看板あるじゃん!」
噛まれると毒で血が止まらなくなり、死に至ることも。
生息地域を徐々に拡げているが、夜行性。
日中は、物陰や藪の中でじっとしている。
加藤「ハブがいるってことはいいポイントです」
タイワンスジオもハブも、森の淵に潜んでいる。道なき道を進むと
岡村「こんだけ草が高いとヘビがおっても分からんよね」
そして、点在する水辺にも、
加藤「水を飲みに来るネズミや鳥を襲ったりします」
と、そこには卵らしきものが。
加藤「“シロアゴガエル"の卵ですね」
これも東南アジア原産の外来種。
米軍の物資に紛れ込んできたと考えられている。
昆虫など、在来のカエルのエサも食べ尽くす恐れがある。
加藤「このオタマジャクシを狙って来た哺乳類や鳥類を食べる」
と、太一が繁みの奥に怪しい隙間が。
太一「あそこに何かいそう!」
というのも、自分で体温調節できないヘビは、30℃以上の日は、穴の中などで涼んでいる。
太一「(穴の中に)アフリカマイマイがいる!」
それは湿度が高い証拠、ヘビもいる可能性が高い。さらに、
加藤「何かいた形跡がありますね。穴の中がキレイです」
というのも、使っていない古い巣穴なら、中に枝葉が溜まっているはず。
加藤「8月は卵が孵化するタイミング」
タイワンスジオの卵は、鶏の卵ほどの大きさ。
孵った時点で50cmと、他のヘビよりはるかにデカい。
と、太一が木の上に見つけた。
加藤「これは“キノボリトカゲ"。在来種です」
外来種の昆虫も食べることから、生態系の門番の役割を担う。
縄張り意識が強く、腕立て伏せのような動きで威嚇する。
ヘビ捕獲のための予行演習に捕まえてみるが、
岡村「痛い痛い!めっちゃ噛んでますやん!」
加藤「最大の武器を使ってる時は無防備!噛まれたらチャンス」
そして、手掛かりを求めて地元の人に聞き込み。すると、
地元の方「古い洗濯機の中で(タイワンスジオを)見た」
そこで、その洗濯機の扉を恐る恐る開けてみると、
岡村「びっくりした!ネズミおった!」
体型から推測するに、東南アジア原産・クマネズミ。
人間と同時代に大陸から渡ったとされる。
ねずみ算式に増え、ダニやノミ、病原菌をまき散らす。
太一「ネズミがいるということは(タイワンスジオの)住処も近い」
そこで、道路脇を探している時だった。
3人の目の前を何かが横切った!
加藤「マングース!マングース!」
それは、東南アジア原産の哺乳類。
ハブの駆除目的で放されたが、ハブに食べられる事態も。
しかし、驚異的な繁殖力でハブより増加。
雑食で貴重な固有種を食べるだけでなく、農業被害も。
ハブに食べられるということは、タイワンスジオの餌食にもなる。
つまり、周辺にタイワンスジオが潜んでいてもおかしくない。
太一「怪しくないですか?あの辺」
気になったのは、路肩に土嚢袋がいくつも置かれた場所。
その隙間は湿っていて、いかにもタイワンスジオが好みそうだが、
加藤「何かが出入りした跡がありますね」
と、ブロックの隙間にヘビが!
岡村が、手掴みでなんとか捕獲!…が、
加藤「これはタイワンスジオじゃなく、在来種の“アカマタ"」
ヘビの中でトップクラスの気性の荒さ。
毒はなく、大きさもタイワンスジオに及ばないが、肉食でハブも襲う。
しかし、日本の固有種ということで、リリースしなくては。
加藤「雲が厚くなってきました。ここで雨が降ってくれるといい」
雨が降れば、湿った環境を好むタイワンスジオが動き回り、見つけやすくなる。
そこで、湿った場所を重点的に探す。
と、溜め池の脇の穴に、
岡村「ヘビおった!なんか色が違う!」
加藤「これは“ガラスヒバァ"という在来種です」
奥の牙に毒があるため、深く噛まれると死に至る可能性も。
カラスのような黒さと、沖縄方言のヘビ「ヒバァ」が名前の由来となった固有種。
と、今度は岡村が、
岡村「(ヘビが)身を隠せそうな小屋がある」
その側には、脱皮したヘビの皮も。
加藤「このウロコの大きさはタイワンスジオの可能性が高い」
確かに、ハブの抜け殻にしてはウロコが大きい。しかも、
加藤「(皮が)雨で汚れたりしてないから、まだ脱皮して間もない」
そこで、所有者の許可を頂き、近くの小屋の中を捜索。
と、岡村がとぐろを巻いたヘビを発見する!
しかし、素早い動きで小屋の外へ!
太一と岡村が追いかける!
息の合った連携で捕まえたが、
加藤「タイワンスジオじゃない。アカマタ」
またも、在来種。
加藤「もうすぐ(タイワンスジオが)巣に戻る時間」
タイワンスジオは昼行性、タイムリミットは日没までの1時間。
そこで、タイワンスジオの罠を設置。
上手くいけば、翌朝にもタイワンスジオが入る可能性が。
おびき寄せるエサは、タイワンスジオの好物のネズミだが、網に囲まれ、食べられることはない。
それを、ヘビが好む小屋の物陰に設置。
他にも、ネズミがいた洗濯機の脇に一つ。
そして、ガラスヒバァがいた溜め池脇の木陰にも。
翌日、岡村は名古屋。太一は早朝に赤坂入り。
多忙な2人の代わりに、仕掛けの回収を買って出たのは、沖縄出身・地元を愛する、AD盛。
まずは、洗濯機の脇に設置した罠を確認。
AD盛「うわあ!なんかいる…」
中にいたのは、タイワンスジオ!
加藤「尻尾を振って注意をそらせようとしてますね」
ヘビは苦手だが、愛する地元・沖縄のため、必死に取り出そうとする盛…
だが、なかなか掴むことができない。
加藤「早く!両手で掴んで!逃げられたら終わりだから!」
AD盛「はい…!りょう、りょうて…で!あー、すいません!」
盛は、テンパると謝るクセがあった。
苦戦しながらも、何とか取り出したヘビの体長は150cm。
AD盛「ハブみたいな2本の牙はないですね」
毒の無いヘビは牙を持たず、返しの付いたノコギリ状の小さな歯で獲物を捕らえる。
と、一瞬の隙を突き、盛の指に噛み付くタイワンスジオ。
AD盛「わー!ちょっと…!ごめんなさい…本当すいません!」
加藤「とぐろ巻かせて!そうしたら大人しくなるから」
巣穴の中で寝たり、休むときの体勢にすることで安心する。
そして、噛みつこうとする相手と格闘すること数分。
AD盛「すいません、お待たせしました」
とぐろを巻かせて、大人しくさせたところで、捕獲完了。
これを東京に持ち帰って、美味しく頂く。
そして、東京・中央区には、再びあの3人が。
加藤「(捕獲できたのは)1匹だけでした」
かといって、数が減ってきたわけではない。
今年の沖縄は、深刻な雨不足。
乾燥を嫌うタイワンスジオは、巣穴にこもってしまった。
大物ほどエサの食い貯めが出来るため、長い間、穴から出てこず。
しかし、美味しく頂ければ数は減る。
そこで、太一は腕を見込んだ、馴染みのシェフの元へ。
イタリア料理「リストランテ・フィオレンツァ」シェフ・橋本直樹。
腕を磨いたイタリア・トスカーナ州だけでなく、各地で様々な食材を学び、その伝統と、日本人ならではの味覚を融合。
本場のイタリア人をも唸らせた。
しかも、前回、同じく厄介者の爬虫類・カミツキガメを、美味しいジュレやパスタに生まれ変わらせた。しかし、
太一「今までヘビは料理したことありますか?」
橋本シェフ「あるわけないじゃないですか」
橋本シェフが学んだトスカーナ州は、イタリアで最も肉を食べる地域。
様々な野生動物を調理するのだが、ヘビはしない。
ともあれ、まずはタイワンスジオの皮を剥いでいく。
すると、肉を見たシェフは、
橋本シェフ「鶏の首の部分“セセリ"に似てます」
脂が少なく、クセもなさそうだが、
橋本シェフ「かなり強靭な筋があるかもしれない」
さらに、厄介なのは筋以外にも、
橋本シェフ「ものすごい小骨です。骨切りが通用するかどうか」
続いて、肉質と味を確かめるために茹でてみると…
橋本シェフ「めちゃ硬いです。やっぱり鶏肉に近い」
では、台湾からやってきた厄介者を調理開始。
橋本シェフ「肉にクセがないので優しい味付けに」
そして、出来上がった一品目は“タイワンスジオのサラダ"。
橋本シェフ「素材の持ち味を生かしてサラダにしてみました」
イタリアでは、野生動物の硬い肉を煮込んで、柔らかくする料理が定番。
圧力鍋で20分、通常の鍋なら2~3時間も煮ると、程よく柔らかく。
その肉をほぐしたら、千切りにした野菜と混ぜる。
太一「美味しい!臭みないし、ドレッシングの酸味とよく合う」
シェリー酒を発酵させた酢とオリーブオイル、エシャロットにニンニク、塩胡椒を加えた、シェフ・オリジナルのドレッシングが、淡白な肉にアクセントを加える。
太一「やっぱり鶏と比べると歯ごたえは強め」
岡村「これは(食感は)ハムです」
続いて、二品目は“タイワンスジオのスープ"。
橋本シェフ「煮たらいい出汁が出たので」
サラダに使う肉を柔らかくするために、圧力鍋で煮た残り汁。
そこに、身を外した骨を戻し、再び煮る。
太一「タイワンスジオってこんなに美味しいの?ヘビ感ゼロです」
橋本シェフ「筋が多いから味が出る。香味野菜を少し加えただけ」
最後の一品は、“タイワンスジオのパストラミ"。
パストラミは、塩漬けした肉を燻製させたもの。
塩漬けにより肉が締まり、スモークすることで、熟成して味わいが深まる。
擦り潰したピンク岩塩と砂糖をまぶして、真空包装。
すると、一晩寝かせたかのように、味が熟成される。
これに、フライパンとオーブンで火を通したら、定番の桜チップでスモークする。
肉に香りが移るだけでなく、表面は香ばしく飴色に。
中は熟成し、味わいが深まる。
スモークした身をほぐし、容器に入れてパティー状に。
冷蔵庫で冷やし固めれば、完成。
太一「すごく肉を感じる。スモーキーでとても美味しい」
橋本シェフ「サンドウィッチにしても合うんですよ」
では、イタリア発祥の温かいパン・パニーニに挟んで、
太一「これが一番美味しい食べ方かも!」
世界各地の硬い肉質の動物たちも、知恵と技術で、肉の食感を楽しめる料理に。
そして、今日、人間だけが持つ料理の力で、厄介者を有り難く。
岡村「身の硬さと骨の多さを克服すれば、美味しく頂けます!ぜひ」

ページTOPへ ▲