これまでのDASH島

台風被害の復旧と生き餌で春告魚2018/3/4

去年の秋、列島を襲った台風18号。
最大風速40mを超える暴風と、600mmを超える豪雨で、日本各地に深い爪痕を残した。
その猛威はDASH島にも。

建設中の反射炉のアーチが崩落。さらに、高波により、大量の漂着物がアーチの中に。
石橋は、波がアーチを抜けることで、水を逃す構造。
アーチが塞がった状態で再び高波が来れば、崩壊の危険もある。
城島「ゴミは掻き出しておかないと」
その作業に、この日やっととりかかれた。

水に浮く、プラスチック製の漁業用ウキなどが大量に溜まる。
と、その中に、鼻が欠けたマネキンの頭が。
この傷跡、かつて見たことがあった。

それは一昨年の夏、帆船でDASH島の沖へ繰り出した時。
沖から流れてきたマネキンに、全く同じ鼻の傷が。その際、
城島「アイツ島に流れ着きそうやな」
まさにその予想通り、上陸していた。
調べてみれば、美容師見習いが腕を磨くための練習用のカットウィッグ。
練習の結果、長く艶やかだったであろう髪が坊主に…

さらに、半分まで掘り進むと、
城島「カメラや!」
今では珍しい、フィルム式のカメラが。
城島「“現場監督"って書いてある。業務用?」

調べてみると、1994年に工事現場専用に開発されたカメラ。
その名も「現場監督シリーズ」の一つ。
過酷な現場に対応する防塵・防砂・耐ショック仕様。
工事の記録用に重宝された頑丈なカメラ。
反射炉建設にも使えるかもしれない、と保管。

さらに、出てきたのは見慣れた形の缶詰。
達也「ツナ缶だよ、ツナ缶」
であれば、島で採れた野菜と和えればツナサラダが楽しめる。

が、開いてみると
松岡「砂肝だ!しかも塩だぜ」
しかし、表面は錆びてボコボコ。少しでも穴が空いていれば
腐食の可能性もある。試食は諦め、漂着物の除去を。
石橋アーチの下の漂着物は概ねかき出したが、いつまた来るとも知れぬ嵐に備え、済ませておきたい作業があった。

達也「波が当たると水路が倒れちゃうからね」
島と島を結ぶ、洲の部分は遮るものが何もないため、強風と高波が打ち付ける。
そこで、和製コンクリート・三和土で樋を作り、石の土台の上に、およそ100本の樋を繋げ、150mの水路を作った。

しかし、台風の猛威で樋が崩れてしまった。
波の力を受け流すよう、土台は楕円形にしたが、横からではなく、想定外の下から突き上げる力が。
日々復旧は進めているが、また高波が来れば同じ事。
その対策が必要だった。

達也「ここ(水路の側に)にブロックみたいな物を置こう」
つまり、波が強い海岸沿いに設置される、消波ブロックを。
積み重なったブロックの隙間を波が抜けることで、力が分散、緩やかな流れに。
強烈な波もブロックがあれば格段に力が弱まる。

DASH島では、漂着物のネットに、石橋や水路の土台に使った石を入れ、簡易の消波ブロックを。
50㎏の樋を持ち上げるほどの波の力に負けぬよう、重い石をいっぱいに詰める。

さらに、噛み合わせを良くするため小さな石も入れ
達也「これでOK」
石同士の細かな隙間が、波の力を分散する。
土台の間に置けば、樋への直撃を防ぎ、力を逃してくれるはず。

長瀬「(石を入れた)カゴもいい。隙間から(波が)抜けてくから」
それは、集落跡に残っていた農業用のコンテナ。
水も抜け、手早く設置できて一石二鳥。
一方、復旧を進める間に、あの獲物を捕らえる時期が。

それはわずかに暖かさが増してきた頃。
港跡で、食料調達の準備が始まっていた。
干潮になると、港跡には多くの生き物が取り残される。
例えば、岩の下には、高級魚・ギンポの仲間、ダイナンギンポ。

また、浅瀬の砂地には、片方のハサミが大きいテッポウエビ。
最大で6cmほどだが、片方のハサミは3cm。
それで衝撃波を出し、獲物や縄張りを荒らす者を気絶させる。
身は甘く、殻も柔らかで食用にも。

さらに、スジエビモドキは、テナガエビの仲間で体長4cmほど。
一匹では食べ応えもないが、たくさん捕まえれば、かき揚げにも。
しかし、さらに上手い使い道が。
長瀬「生きたエビを針にかけて待ってるだけでいい」

そう、活きたエビは、魚達の大好物。
針にかければ、スズキ、クロダイ、メバル、イカなど、季節の美味い獲物が食いつく万能の餌。
そこで、そんな生き餌を探すことに。

岩の下に潜んでいる所を捕まえようとするが、いかんせん小さい上に無色透明。
さらに、魚たちの目からも逃げるすばしっこさ。
苦戦しつつも、結局、30分で30匹ほどを捕獲。

これで、この季節に狙うなら、
長瀬「メバルとか」
それは、岩場や海藻の間に潜む高級魚。
目が大きい分、視力がよく警戒心も強いと言われるが、春先、海水が濁るにつれ警戒が弱まり、よく釣れ始める。

そのため、釣り人からは、春を告げる魚・春告魚と呼ばれ、尺越えサイズは1匹1500円以上の値がつく事も。
定番は煮付けだが、型のいいものは刺身にしても絶品。
では、一足早い春の味を目指し、港跡から舟で島の南側の岩場へ。

そこは、水深10m程で、体長1m前後のコブダイを見つけた場所。
海底の岩場に海藻が生い茂り、メバルが好む環境が揃っている。
エビは水中で跳ね回り、その振動が魚を誘う。
エビを模した疑似餌は数あれど、本物の動きに勝るものはない。

手は動かさず、動き回るエビに糸を委ねる。
すると、わずか1分で、
長瀬「なんか引いてる、メバルかも」
しかし、釣れたのはベラ。

食欲旺盛で、年中よく釣れる魚。
刺身が美味いが、この日の狙いは春告魚。
長瀬「今回はメバルだから(ベラは)リリース」
と、その様子を上空から伺ってるやつらが。

達也「(トビ)が狙ってるねえ」
放した魚の中には、すぐに潜らず海面付近を漂うものも。
トビは、1km以上離れた上空からでも、弱った獲物をその目で捉える。

しかし、その後も掛かるのはベラばかり。
長瀬「もう(生き餌の)エビ無くなっちゃうよ」
そして、全員が最後の一投…と、
長瀬「ぐんぐん引いてる、メバルちゃん来たかも」

というのも、メバルは針にかかった後も最後まで抵抗するため
ベラに比べ明らかに引きが強い。しかし、
長瀬「ダブルでベラがきました…」
ベラは、「餌取り」と呼ばれるほど、食いつくのが早い雑食性。

対して、警戒心の強いメバルは、餌をよ~く観察してから食いつく。
しかも、メバルが好む環境ではあるが、メバル以上にベラが大漁。
先に餌を取られてしまったと考えられる。
達也「餌あげに来ただけだな」

城島「また釣り方考えよう」
と、リリースしたベラをトビがさらっていき、結局、餌も魚も盗られてしまった。
長瀬「我々にはまだ春は来ないですね」