これまでのDASH島

春の山菜と進む地盤固め2017/5/21

春の山菜を求め、城島と達也は森の中。
野草の花が咲き始めると、この時期ならではの味が。
達也「あった!“タラの芽"」
そのシーズンは春と秋の年2回。

春の新芽には、抗酸化作用の高いポリフェノールが豊富。
中でも、タラの芽は栄養価の高さから、山菜の王様とよばれ、無人島でも、春を告げる名物に。
城島「採りたいけど、高さあるなあ」
お目当ては手を伸ばしても届かない、3mの高さに。

しかも、枝には硬く鋭いトゲが、覆うように。
鹿や野ウサギなど、外敵から身を守るために進化したもの。
つまり、トゲがあるのは濃厚な味の証。
美味いタラの芽ほど、トゲがびっしりと。

そこで、落ちていた枯れ木で枝を引き寄せて、
城島「採れた!ちょっと(芽が)伸びてるけど」
一般的には葉が開き切る前が食べ頃と言われるが、天然モノは少し開き始めたぐらいが食べ頃。

城島「他にも山菜ありそうやな」
心当たりは、山の中に。そして、
達也「あった!ゼンマイ系?」
シダ植物のゼンマイだとすれば、山菜の代表格。

若い芽は、煮物やおひたしにして美味いが、見つけたのは、ゼンマイより表面の毛のようなものが目立つ。
しかし、10年前、屋久島で巨大なゼンマイの仲間、ヘゴを見つけ、採れたてを食べた達也の判断は、
達也「これイケる(食べれる)でしょ」

そして、葉の裏側には種の代わり、胞子の入った袋がびっしり。
城島「(図鑑を確認し)“オニヤブソテツ"って書いてる」
ゴツくて分厚いその葉の形から、鬼の名がついたシダ植物。
観葉植物としては人気で、食用ではないが毒もない。

すると、その横に見つけたのはうぶ毛の無いシダ植物。
城島「ワラビっぽいよ」
確かに、春を代表する山菜・ワラビの新芽に似ている。
だとすれば、おひたしや煮物にすれば美味いはず。

図鑑で確認してみると、どうやら“イシカグマ"という植物。
石がゴロゴロしている場所に生える事から、その名が付いた。
フラダンスに欠かせない、装飾品の材料で、食用ではないが、毒もないらしい。ならば、
城島「(食べられるか)試してみよう」

さらに、見つけたシダっぽい植物は、
城島「赤茶色の巻いてるやつがある」
達也「色味的にヤバそうじゃない?」
山菜の中には、うかつに食べると、事故につながる物も多い。

城島「(図鑑に)最もありふれたシダ中のシダって書いてある」
その名前は“ベニシダ"。
生命力が強く、どこにでも生えている。
若い芽は赤色だが、成長するにつれ緑色に。

これも食用ではないが、毒もない。ならば、
城島「採ろう。これでゼンマイ系が3種類」
味の違いというより、そもそも食べられるのか?
とにかく、舟屋に持ち帰って調理。

まずは、山菜の王様・タラの芽を定番の天ぷらに。
小麦粉の代わりに、島のユリ根から作った片栗粉を、表面にムラなく付け、島で搾ったアケビの油で揚げる。
この時期、料亭などでは一皿1000円ほど。

揚がったら、島の海藻で作った天然塩をまぶして、
達也「舟屋で一番美味い!」
では、春が旬のゼンマイ…に似た3種類も。
美味ければ、春の楽しみがまた一つ増える。

しっかり茹でて、山菜特有の苦みを抜く。
まずは、見た目がワラビに近いイシカグマは、
城島「渋柿に匹敵するくらいの渋さ!」
調べてみると、大量の渋味成分タンニンが。
人の舌には合わないが、ヤギや鹿にとっては大好物。

続いては、オニヤブソテツ。
城島「このエグみはあかん!」
調べると、渋味成分タンニンだけでなく、エグみ成分シュウ酸も。
そのため、ヤギでさえ口にせず、味覚が鈍い鹿の非常食。

最後はベニシダ、色はヤバいが、
城島「動物も食べないものを食べてる感じ」
実はその通りで、タンニン、シュウ酸に加え、苦み成分ポリフェノールも大量に。
もはや、どんな草食動物も食べない。
達也「ダメだ。やる気のなくなる味だ…」

一方、浜では、本格的に始まった、DASH島の反射炉計画の地盤整備が進んでいた。
十分な敷地を確保できるのは、島の南側の浜。
ここなら、火が山の木に燃え移ることもない。

しかし、地面は不安定な石。
30t近くある重さがかかれば、反射炉が傾く恐れも。
そこで、軟らかい地盤に使われる、基礎杭を。
石の下にある砂の層に杭を打ち込めば、それが支えとなり、反射炉の重みにも耐える強い地盤に。

そこで、丸太で組んだ脚立と石橋で使った輪石の余りで作った、杭打ち機で、丸太杭を打ち込んでいく。
さらに、炉づくり一筋・60年、全国に3人しかいない築炉マイスターに認定された、築炉士・本勝照雄さんという頼もしい助っ人も。

経験に裏付けされた的確なマイスターの指示の下、奥行き7m、幅4mの敷地に70本目を。
杭が止まれば、硬い地層まで入った証。
これを、同じ高さで切り揃え、さらにここに、杭にかかる重さを分散する、梯子胴木を。

本勝さん「丸太を入れれば均等に荷重が掛かる」
明治7年まで残っていた、大阪・高槻城。
その石垣の下にも、梯子胴木が使われていた。
杭だけでは、上からの荷重で沈んでしまう可能性があるが、杭同士を丸太で繋げば、力が分散し、杭が沈むのを防ぐ。

杭に丸太を添えたら、番線でしっかり固定。
番線が緩んでいれば、力は上手く伝わらない。
満遍なく重さが分散するよう敷地全体、端から端まで。
達也「よし、5列(半分)できたぜ。休憩、休憩」

すると、マイスターが、
本勝さん「これ、うちの女房から」
力仕事で疲れたアラフィフに食べてもらいたいと、奥さん・ミチ子さんから、おむすびの差し入れ。

城島「せっかくやから、島のお茶持ってこよか」
おにぎりにお茶はつきものだが、DASH島のお茶といえば、城島が、森で集めた木の皮や実を煮出した不穏な汁なのだが…。
本勝さん「お茶を沸かす竃(かまど)を作りましょうか」

現場仕事の職人たちは、その場にある材料で、手早く竃(かまど)を作り、暖をとったり、お茶を飲んだりして休憩する。
反射炉の現場作業、まだ先は長い。

城島が作った耐火レンガをいくつか使えば、この先も、完成まで使っていける。
まずは、地面にいくつかのレンガを置き、
本勝さん「風が抜けるように(レンガとレンガの隙間)空ける」

空気穴があれば、風が通り、効率よく火が上がる。
レンガの厚み分の隙間を空ければ、同じ寸法の穴に。
5分ほどで、竃の2段目まで出来たら、金槌一本で、レンガ半個分の半端なでっぱりを調整する職人技が。

金槌で叩いて、レンガに目印となる傷を入れ、その傷に沿って、割りたい大きさに叩き割る。
これは、反射炉のレンガ積みでも起こりうる。
達也もこの技をやってみると、
達也「気持ちいい!きれいに割れた」

そして、ものの10分程で竃が完成。
ここに、城島特製の島の材料で作ったお茶を乗せ、温まるのを待つ間、マイスターの奥さんのおにぎりを。
城島「中に何か具が入ってる」
本勝さん「イカナゴです。」

それは、スズキの仲間の稚魚。
3年かけて成長すれば、大きいもので体長25cm。
漁ができるのは春の間の3か月だけ。
マイスターの地元・兵庫は漁獲量全国1位。

これを醤油・砂糖・みりん・生姜などで煮込んだものが、郷土料理・イカナゴの釘煮。
その姿が錆びた釘に見えたことが名前の由来。
酒のつまみや飯の友にも最適な、春の風物詩。
城島「大人にならないとこの美味しさはわからん」

では、乾きを潤す大人の一杯も。
今回は、乾燥したタラノキの皮を煮出した、タラノキ茶。
城島以外のメンバーには不評だったが…
本勝さん「ちょっと渋いですけど、不味くはないですよ」
城島「やっぱり世代的に共感してくれる」
中高年に染みる味だった。