これまでのDASH島

アメフラシを調理2017/8/6

最も潮が引くタイミングを狙って食料調達へ。
達也「いつもよりすごく潮が引いてる!」
城島「大干潮の日」
潮の満ち引きの幅は日によって異なり、月と太陽の引力が影響していると言われる。
そして、この日は干満差が最も大きい大潮。
中でも年に数回ある特に潮が引く日。

達也「おもしろい獲物がいたらいいな」
と、岩にびっしりと生えていたのは、メカブの仲間・アカモク。
刻んで叩けば、ネバネバシャキシャキの食感で、東北では、古くから親しまれる家庭の味。
さらに、血糖値の上昇を緩やかにし、余分な脂肪を排出するとして、名物として売り出す街も。

ここは普段、無人島の海底。
今なら生き物豊かな海の中を歩いて行ける。
城島「完全に干上がってないところに生き物がいる」
潮溜まりは、潮が満ちるまでの間、身体の乾燥を防ぎ、姿も隠しやすい。

干潮時の港跡でも、岩の下にテナガダコが潜んでいた。
他にも、旬の獲物がいてもおかしくはない。
めぼしい石をひっくり返しては、生き物が隠れられるように、元に戻す。と、
城島「ヒトデ!これ食料としてどうなんやろ?」

調べてみると、糸巻きに似ている姿から名が付いた、イトマキヒトデ。
腹にある口から胃袋を外に出し、潮溜まりの生き物を捕まえては、そのまま消化してしまう獰猛なヤツ。
サポニンを多く含むため、食べれば舌の痺れなどを引き起こす可能性が。

達也「この辺(海藻の多い場所)すごくいるはず」
というのも、海藻は生き物たちの隠れ家だけでなく、エサにもなる。
夢中になってついばむうちに、潮が引いて逃げ遅れ、岩の下に潜んでいるヤツも。と、
達也「(岩の裏に)いた!ハゼっぽいのが」

確かにハゼの仲間、泥から目を出すドロメ。
市場には出回らないが、今が旬で締まった白身は唐揚げで美味い。
さらに、潮が引いたばかりの波打ち際に、
達也「ギンポっぽいのがいた!」
だが、必死に岩の影へ入り込む!

細長い身体は、岩の間に入りやすいため、逃げ込まれたら、手出しできなくなってしまう。
こんな時、役に立つのは、大蛇から外来種まで、どんな獲物も素手で鷲掴みにしてきた、達也の手。
達也「(掴んで)ナイス!持ってるオレ!」

鼻筋の線が特徴のダイナンギンポ。
ギンポの仲間で天ぷらが美味い。
一度に6千個ほどの卵を産み、オスが包むように守る。
と、城島が素通りした場所で、達也がまた見つけた。
達也「アメフラシ」

貝の仲間で、普段は浅瀬の水の中にいるが、梅雨から夏にかけて、産卵のため、浜に上がってくる。
卵は別名「海素麺(うみぞうめん)」。
寒天質の膜に包んで、一度に300万個ほど産む。
雌雄同体(しゆうどうたい)で、頭と背中で何匹も繋がって交尾する。

そのせいか、浜には大量のアメフラシが。
城島「めっちゃおるやん!なんぼほどおんの?」
バケツに入れると、吐き出した紫の液体。
それは、敵に襲われると出す、煙幕代わりの紫汁(しじゅう)。
雨雲のような様が、アメフラシの名の由来とも。

と、城島も別の紫のヤツを。
城島「ムラサキウニ。(岩に)へばり付いてる!」
海底と岩の間にトゲを張り、流されないようカラダを支える。
ほとんど動かないコイツなら、城島でも簡単に。
周辺を探して、獲れたのは7つ。

城島「今の時期、ウニはどうなんかな?」
というのも5年前、潮溜まりで見つけたムラサキウニは、身がスカスカの上に、微妙な味わいだった。
今回はどうか?見つけたムラサキウニを割ってみると、
達也「身がしっかりついてる!」

見た目と量は、申し分ない。
以前見つけたものと比べると、雲泥の差。
そして、その味わいも、
達也「旨い!濃いね」
城島「今までで一番美味!」

ムラサキウニは、直径10cm程度が食べ頃だが、そこまで育つのにおよそ5年。
産卵前のこの時期が、最も栄養を蓄え、旬。
銀座では、一貫3000円の値がつくことも。
単純計算で、およそ2万5千円分の収獲。

しかし、2人には持て余すヤツが。
達也「(アメフラシ)どう料理しようか…」
城島「隠岐島では、煮て食べるらしいんやけど」
内臓を取り出し、茹でたものを砂糖・酢・味噌で和えれば、島根県・隠岐島で、古くから食べられる家庭の味に。

長崎県・壱岐市や千葉県いすみ市などでも、様々な料理で愛され、海洋学者でもあった昭和天皇は、食された経験があるとも。しかし、
達也「DASH海岸では(アメフラシを)保護してる」
横浜の工業地帯では、アメフラシは草食で、コケや海藻を食べる。

増えれば、古い海藻を食べてくれ、柔らかく新鮮な物に生え変わる。
それを求めて、海藻好きの魚達が集まってくる。
しかし、ここは無人島。
松岡「食べ物もないからさ…」
城島「背に腹は替えられぬ…」

結局、調理して頂くことに。まずは、
松岡「内臓を取ればいいのね?」
アメフラシが食べる海草は毒を含むことがあり、腹を壊す恐れが。
城島「(内臓と一緒に出てきた)これが墨袋?」
松岡「それは腸(わた)じゃない?こっちの紫のが墨袋じゃない?」

調べてみると、紫汁は2つの液体が混ざったもの。
紫は、仲間に危険を知らせる、インクと呼ばれる液体。
そして、敵の食欲を減らす、オパリンという白い粘液。
混ざって初めて魚にとっての毒となるが、人に害はない。
さらに、背中の内側にある貝殻は、巻貝だった名残り。

進化の過程で、敵から身を守る紫汁を手にしたことで、貝殻が不要となったといわれる。
城島「シジミとかと一緒で年数がわかるわ」
年輪のように、数で貝の成長や年齢を知る手がかりになる。
そして、内臓を全て取ると捌く前と比べ、
達也「痩せたね…」

これを本場では、水を入れずにアメフラシの水分だけで煮る。
それにならい、そのまま鍋に入れて火にかけると、
松岡「(水無しでも)十分、水分出てきたね」
アメフラシの身体は90%が水分。
およそ10分煮ていけば、1kgが50gに。

隠岐島では炒めて、砂糖・酢・味噌と和えるのだが、
松岡「(調味料ないから)このまま頂こう」
無人島のアメフラシ、そのお味は、
松岡「サザエの壺焼きのホルモンみたい」
達也「味はサザエの腸の近くの部分に似てる」
城島「雨降らし(アメフラシ)というより、快(貝)晴やね」