これまでのDASH島

帆船の改良とリゾラバ2018!2018/9/30

昨年の冬に作り上げた船『海賊風 帆船 男爵ディーノ号』。波や風の影響をもろに受けてしまい、まともに操縦できなかった弱点を補うべく、船の両側につけていたアウトリガーを片側のみの「シングルアウトリガー」に改良することに。その材料となるのは、島に流れ着いていた長さ9m、重さ250㎏の杉の原木。その原木を、漂着物の漁業用ロープで引っ張り、トロッコに乗せて、帆船を係留していた舟屋へ運んだ。しかし、舟屋にあるはずの帆船が見当たらない。一体どこへ消えてしまったのか…?
そして、毎年恒例のリゾラバを男4人で開催!砂浜で見つけた水道管にボールを投げ、入らなかった2人は罰ゲームとして、浮桟橋で尻相撲!最初は10mの距離で競ったものの、なかなか入れる事ができず、結果、長瀬は4mで、太一は2mでボールを投げ入れる事に成功し、尻相撲で対決するのは城島と松岡に決定!リゾラバ2018を締めくくる尻相撲の勝負の結果は、まさかの城島の勝利に!