放送スケジュール

3・11大震災シリーズ(62) それでも作り続ける
〜福島“原発避難区域”のコメ作り〜 30分枠

放送 : 6月7日(日)
  24:55〜
ナレーター : 小山茉美
制作 : 福島中央テレビ
再放送 : 6月14日(日)11:00〜
    BS日テレ
  6月14日(日)
7:00〜/24:00〜
CS「日テレNEWS24」 

福島県内では原発事故のあと放置されたままの農地が広がる。原発から10キロの富岡町の農家・橋本曻さん(63)は「先祖代々の土地を次世代へ」と、避難区域内でコメ作りを再開。しかし、そのコメは備蓄米となり市場に出ることはない。根強い風評の中、橋本さんは「いつか孫に自分のコメを食べさせたい」と話す。一方、原発から30キロの川内村に移住した大阪出身の福塚裕美子さん(29)は作り手不在となった水田でコメ作りを開始するが、そこに待ち受けていたのは厳しい現実。「私にできることはもうない…」一体、何が彼女を追いつめたのか?原発事故から4年…避難によって放置された農地を誰が守り、どう農業を続ければ良いのかを問う。

KOIに恋して
世界へ売る! “泳ぐ宝石” 30分枠

放送 : 6月14日(日)
  24:55〜
ナレーター : 永田亮子
制作 : 福岡放送
再放送 : 6月21日(日)11:00〜
    BS日テレ
  6月21日(日)
7:00〜/24:00〜
CS「日テレNEWS24」 

「泳ぐ宝石」と評され、一級品は数百万円で取り引きされるニシキゴイ。高度経済成長期の日本では、観賞魚の花形として一斉を風靡した。しかしバブル崩壊とともに、国内市場は縮小。ニシキゴイ業者が活路を見いだした先、それは海外だった。 全国有数のニシキゴイの産地・福岡。尾形学さんは、中学の時にニシキゴイに魅せられ、開業した。毎年数百万匹ものニシキゴイの稚魚から、将来性があるおよそ1%を残す厳しい選別を行い、手塩にかけて一級品のニシキゴイを育て上げる。美しく仕上がったニシキゴイを求めて、世界中から訪れるバイヤーは年々増え、現在では販売先の9割以上が海外になった。ニシキゴイ養殖場の1年を通じて、世界にニシキゴイを広めようと奮闘する姿を描く。

シリーズ 戦後70年 ガマフヤー
遺骨を家族に 沖縄戦を掘る  30分枠

放送 : 6月21日(日)
  24:55〜
ナレーター : 玉川砂記子
制作 : 日本テレビ
再放送 : 6月28日(日)11:00〜
    BS日テレ
  6月28日(日)
7:00〜/24:00〜
CS「日テレNEWS24」 

沖縄戦の死者は民間人を含め20万人以上、しかし遺骨となって発見されても、自分の墓に帰れる人は少ない。鉄の暴風と呼ばれる猛攻撃のなか、兵士も沖縄の民間人も、身元を示すものを身に着けないまま最期を迎えているからだ。戦後70年、遺骨を掘り起こし、家族の元に帰そうとする「ガマフヤー」(沖縄の方言で「ガマ(壕)を掘る人」)がいる。具志堅隆松さん(61)は33年前からボランティアとして遺骨収集に取り組んできた。しかし厚生労働省が行う遺骨のDNA鑑定で身元が判明したのは日本兵の4遺体だけ。具志堅さんは、政府や県に「希望者は誰でもDNA鑑定できるようにすべきだ」と訴える。遺骨が発する声なき叫びに耳を傾けて欲しい… 戦後70年目のガマフヤーの願いだ。

コメ サバイバル
密着!ブランド米の攻防 30分枠

放送 : 6月28日(日)
  25:25〜
ナレーター : 須山 司
制作 : テレビ新潟
再放送 : 7月5日(日)11:00〜
    BS日テレ
  7月5日(日)
7:00〜/24:00〜
CS「日テレNEWS24」 

人口減少にコメ離れ…。国内のコメの消費が減る中、産地間競争は激しさを増している。こうした中、各地のコメ産地では新品種を開発して市場に投入し、ブランド力を高めようとしている。コメ王国でコシヒカリの産地・新潟県は、ブランド力で頭一つ抜けているが、近年は北海道や山形県などで新たにコメが開発され人気を獲得している。また青森県などブランド力の弱かった産地も、新品種を市場に投入し生き残りを狙う。そしてついに新潟もコシヒカリに続く大型ブランド米誕生を目指して新品種を開発した。日頃、私たちが口にしているコメは、多くの選抜作業を潜り抜け、生き残ったまさに「コメのエリート」でもある。そのコメのエリート・新品種を手に生き残りを狙う産地の熾烈な競争に迫る。

放送スケジュール

シリーズ 戦後70年 90歳のサッカー記者
−日韓 歴史の宿命−  30分枠

放送 : 7月5日(日)
  24:55〜
ナレーター : 安富史郎
制作 : 読売テレビ
再放送 : 7月12日(日)11:00〜
    BS日テレ
  7月12日(日)
7:00〜/24:00〜
CS「日テレNEWS24」 

日本最高齢のサッカー記者、賀川浩氏(90)。長年にわたる国際取材が評価され今年、FIFA国際サッカー連盟・会長賞の栄誉を受けた。ルーツとなる少年時代。神戸一中(現神戸高校)で選手として全国制覇、ライバル校は当時日本の植民地だった朝鮮半島の代表校だった。その後、学徒出陣で賀川氏は陸軍の特攻隊に入隊、奇しくも出征先は朝鮮半島だった。しかし出撃の直前に終戦。「平和がなければサッカーは出来ない」。戦後、記者となり日韓サッカーの歩みを特別な思いで記録し続けた70年。残された記者人生、宿命と向き合うため、日本統治下で日の丸を背負い国際舞台で戦った朝鮮人選手の足跡を追うため再び朝鮮半島(韓国)に向かった。人生をサッカーに賭けた90歳の記者が平和の意味を問う。

生きることは、あきらめない。
少年と余命告知 30分枠

放送 : 7月12日(日)
  24:55〜
ナレーター : 小山茉美
制作 : 中京テレビ
再放送 : 7月19日(日)11:00〜
    BS日テレ
  7月19日(日)
7:00〜/24:00〜
CS「日テレNEWS24」 

小児がんと闘う17歳の少年に、「現状では、治る展望がない。」という言葉で、命の限りを伝える「余命告知」が行われました。少年は当初、告知を受け入れられず、副作用の強い抗がん剤治療を継続することを選びます。しかし次第に、意識に変化が…残された時間を認識し、どう過ごすかを考え始めたのです。しかし両親は、治すことを目標に治療をし続けてほしいと願います。少年と両親の葛藤は、深く激しいものでした。「治すために、副作用に苦しんでも治療を続けるのか?」それとも「副作用から解放され、より良い時間を過ごすのか?」。もし、私たちの子どもが病気になって、その病気を治すことがとても困難だとわかっとき。あなたは子どもに、なにを、どこまで、伝えますか?

お知らせ