放送スケジュール

3・11大震災 シリーズ(59) 震災の棘
津波に消えたわが子   30分枠

放送 : 3月1日(日)
  24:50〜
ナレーター : 玉川砂記子
制作 : ミヤギテレビ
再放送 : 3月8日(日)11:00〜
    BS日テレ
  3月8日(日)18:30〜 
CS「日テレNEWS24」 

津波で750人以上が犠牲になった宮城県名取市閖上地区。丹野祐子さん(46)は長男の公太くん(当時13)と義理の父母の家族3人を亡くした。「あの日、そばにいたのに助けられなかった。生き残ったことを後悔している」深い悲しみが震災の棘≠ニなり、今も苦しんでいる。遺族会を立ち上げた丹野さんは、犠牲となった生徒14人の慰霊碑を閖上中学校に建て、震災の語り部として活動を始めた。生き残ってしまった自分が声を上げないと息子の死が無駄になるのでは…。津波の爪跡が消え復興が進む中で、息子への思いが変わらずに語り継げるのか…。その答えを探しに沖縄へ向かう。胸のペンダントには公太くんの遺灰。震災の語り部として生きる覚悟を決めた母の思いを伝える。

3・11大震災 シリーズ(60) 2589
震災4年 あなたは、どこへ  55分枠

放送 : 3月8日(日)
  24:50〜
ナレーター : 松野芳子
制作 : テレビ岩手、宮城テレビ放送、福島中央テレビ
再放送 : 3月15日(日)11:00〜
    BS日テレ
  3月15日(日)18:00〜 
CS「日テレNEWS24」 

「2589」…これは東日本大震災により、いまだ行方不明の方々の人数です。まもなく震災から丸4年。被災地では町の復旧が進み、人々の暮らしも変わりつつあります。その一方で愛する人が見つからず、次に踏み出せない家族たちがいます。岩手県 釜石市で自慢の娘を捜す老いた母。宮城県女川町では、潜水士の資格まで取得して凍てつく海の中、妻を捜す夫。福島県大熊町では、福島の復興か、不明の7歳の娘の捜索か、選択を迫られた父…。震災 以来、放送を続けてきたNNNドキュメント「3・11大震災シリーズ」では、岩手・宮城・福島の3つの地元局の共同制作で、「今なお多くの行方不明者がいて、愛する人を探し続ける人がいる」という被災地の今を伝えます。

息子の就活 取材します!
報道記者の父と自閉症児 30分枠

放送 : 3月15日(日)
  25:20〜
ナレーター : 杉山裕子、田中穂積記者
制作 : 中京テレビ
再放送 : 3月22日(日)11:00〜
    BS日テレ
  3月22日(日)18:30〜 
CS「日テレNEWS24」 

子どものことは妻に任せて仕事に没頭。そんな報道記者がある日、重い知的障がいのある自閉症の息子の就労活動に奔走することになった。息子は特別養護学校の高等部3年生。父はのんきに考えていた。「卒業したらどこかの事業所に世話になり、自立に向けた職業訓練を受けるのだろう。」しかし、あてにしていた所が定員一杯だとわかって大慌て。妻任せから一転、息子の就労活動が始まった。そこで目の当たりにしたのは、障がい者が働くことの現実の厳しさ。事業所での作業は労働と見なされないため「最低賃金」が適用されず、朝から夕方まで作業しても、平均月1万4000円程度にしかならない。果たして息子は自立できるのか。自閉症の息子と向き合った8か月間。そこから見えてきたものとは?

シリーズ戦後70年 戦争孤児たちの遺言
地獄を生きた70年   55分枠

放送 : 3月22日(日)
  24:50〜
ナレーター : 余貴美子
制作 : 日本テレビ
再放送 : 3月29日(日)11:00〜
    BS日テレ
  3月29日(日)18:00〜 
CS「日テレNEWS24」 

「戦災孤児」―70年前、空襲の焼け野原に何万人もの子どもたちが放り出された時代があった。昭和20年3月10日の東京大空襲は、一夜にして10万人以上の市民を殺した。空襲で両親を亡くした「戦災孤児」たちは、その後、国からの援助もなく、過酷な生活を強いられた。終戦は、孤児たちにとって生きるための戦争の始まりだった。自らも孤児である金田茉莉さん(79)は一人奮起し、同じ境遇にさらされた孤児たちがその後どんな人生を送ったのか、約30年調査を続けている。番組では、金田さんの調査活動の足跡をたどりながら、戦災孤児たちの悲劇を明らかにする。戦後70年を迎える今、多くの孤児たちが重い口を開いた。あの時代の暗部を生きた孤児の言葉は、哀しみと怒りに満ちていた。

オウム20年
未曾有のテロ  終わりなき闘い 30分枠

放送 : 3月29日(日)
  24:50〜
ナレーター : 山崎岳彦
制作 : 日本テレビ
再放送 : 4月5日(日)11:00〜
    BS日テレ
  4月5日(日)18:30〜 
CS「日テレNEWS24」 

地下鉄サリン事件から20年。未曾有の無差別殺傷テロとして世界を震撼させた事件もそれを引き起こしたオウム真理教も私たちの日常生活からは遠いものとなった感がある。オウムとはいったい何だったのか。教祖だった松本智津夫死刑囚は何をしたかったのか。なぜ、医者や科学者といった優秀で純粋な若者が信者となり、犯罪に手を染めてしまったのか。そしてなぜ、警察は当時、 オウムの暴走を食い止めることができなかったのか。「イスラム国」など新たなテロの脅威が身近になりつつある今、再び日本が、テロに襲われる危険性はないのか。当時、強制捜査の最前線の現場でオウムと闘った捜査幹部、当時取材にあたった記者、松本智津夫死刑囚の娘たち。彼らの証言を元に検証する。

放送スケジュール

3・11大震災 シリーズ(61) “復興”祝い酒
兄弟が醸した希望   30分枠

放送 : 4月5日(日)
  24:50〜
制作 : 山形放送
再放送 : 4月12日(日)11:00〜
    BS日テレ
  4月12日(日)18:30〜 
CS「日テレNEWS24」 

津波で酒蔵を流され、放射能からも逃れ隣県で再起を図る兄弟がいる。兄弟が醸すのは、福島県浪江町で江戸時代から親しまれてきた漁師の祝い酒。山形県の酒蔵を引き継ぎ復興への歩みを進めるが、いつしか兄弟の気持ちにずれが生まれる。浪江での事業再開にこだわり、古里に戻っての復興を目指す兄。現実を見つめ、第2の古里に定着して自立を目指す弟。去年のお盆、方向性をめぐって兄弟は思いをぶつけ合う…。そして今年3月、震災で工事が中断していた浪江町と富岡町を結ぶ常磐道が開通の日を迎え、「希望」と名付けられた酒が記念品として贈られる。震災後初めて浪江のコメで兄弟が醸した酒だ。二人はこの酒にどんな思いを込めたのか。二人にとっての「復興」とは…。兄弟の4年に密着した。

1年B組 全盲先生
〜心で見つめた1年間〜 55分枠

放送 : 4月12日(日)
  24:50〜
制作 : 日本テレビ
再放送 : 4月19日(日)11:00〜
    BS日テレ
  4月19日(日)18:00〜 
CS「日テレNEWS24」 

埼玉県・長瀞中学校1年B組の担任になったのは全盲の教師、新井淑則(53)さん。34歳の時、網膜剥離で両目を失明。自殺を考えたこともある。家族や仲間の応援、そして盲導犬との出会いを経て22年ぶりに担任を受け持つことに。「パラリンピック選手が金メダルを目指すのではなく、障害があっても誰でも進む道があることを示したい」と言う。生徒の名前を早く覚えようと、ICレコーダーに彼らの声を録音し、繰り返し聞いて覚えた。伝統行事の演劇では脚本や演出に初挑戦。しかし、泣いたり怒ったり、日々起きる教室での騒動は、その理由がすぐに分からずもどかしさに苦しむことも…。他の学校では差別的な扱いを受けている視覚障害教師もいると聞いた。教育とは何か。全盲先生の1年間の記録。

たそがれの湯
午後3時のしあわせ[仮] 30分枠

放送 : 4月19日(日)
  24:50〜
制作 : テレビ信州
再放送 : 4月26日(日)11:00〜
    BS日テレ
  4月26日(日)18:30〜 
CS「日テレNEWS24」 

長く、地域コミュニティーの象徴だった“銭湯”。最盛期の昭和40年代、全国に1万7000軒あったが、家庭風呂の普及で利用客は減り、今では3000軒に。長野県松本市に明治から続く老舗の「塩井乃湯」は建物や下駄箱が当時のまま残り、ノスタルジックな雰囲気が漂う。客の大半は70歳以上のお年寄りで、日々他愛の無い話に花を咲かせている。銭湯を切り盛りする4代目・田中洋子さん(63)は、18年前に夫と死別後、家業を継いだ。銭湯まで歩いて30歩という老夫婦がいる。何十年も2人で通い続けたが、ある日、突然の別れがやってくる。「人生の楽しみ」と毎日杖を突いてやってくる91歳の男性は、銭湯で倒れ、救急車で運ばれる事態に…。城下町の常連さんが織り成す、春夏秋冬、悲喜こもごもの物語。

砂上の安全
JR脱線事故 遺族の闘い [仮] 30分枠

放送 : 4月26日(日)
  24:50〜
制作 : 読売テレビ
再放送 : 5月3日(日)11:00〜
    BS日テレ
  5月3日(日)18:30〜 
CS「日テレNEWS24」 

「悲惨な事故を二度とではなく、絶対に起こしてはならない」と考え、苦しみを抱えながら活動する遺族の10年。日本の鉄道史上最悪といわれたJR福知山線脱線衝突事故。遅咲きの桜が舞う2005年4月25日に発生した。兵庫県宝塚市の淺野弥三一(あさの・やさかず)さん(73)は妻と妹を失い、次女の奈穂さん(42)がひん死の重傷を負った。奈穂さんは今も電車に乗ることができない。淺野さんはこの10年、被害者としての感情を押さえ、JRと共に「安全」を追求してきた。一方、企業の罪を問う刑事司法の創設を目指す遺族もいる。長女を亡くした大森重美さん(66)は「個人だけを裁く現在の法律には限界がある」と考え勉強会を重ねている。「鉄道の安全」を確かなものにするための遺族の執念を追う。

お知らせ