放送スケジュール

シリーズ 戦後70年 平和宣言
〜ヒロシマは語る〜  55分枠

放送 : 8月2日(日)
  24:55〜
ナレーター : 永田亮子
制作 : 広島テレビ
再放送 : 8月9日(日)11:00〜
    BS日テレ
  8月9日(日)
7:00〜/24:00〜
CS「日テレNEWS24」 

時代を映す鏡―平和宣言。毎年8月6日の原爆の日に広島から世界に発信するメッセージだ。犠牲者の慰霊、核兵器の廃絶、そして平和の実現。歴代市長や職員が思いを込めてきた。その平和宣言から戦後70年を紐解く。初めての宣言は被爆2年後、進駐軍の前で絶対平和の創造を訴えた。アメリカが原子力平和利用を訴えた時は宣言も呼応。しかし死の灰の恐怖にさらされたビキニ水爆実験以降の世論の高まりで、放射能を出す核実験への抗議から核兵器廃絶に軸足を移す。起草中に倒れながら命を懸けた職員もいた。今年被爆2世の市長が起草を続ける。被爆者の平均年齢は80歳を超え、継承が課題となる中、安保法制の議論も渦巻く。二度と繰り返してはならない…平和宣言に託す思いとは。

シリーズ 戦後70年 極秘裏に中絶すべし
〜不法妊娠させられて〜 30分枠

放送 : 8月9日(日)
  24:55〜
ナレーター : 湯浅真由美
制作 : 福岡放送
再放送 : 8月16日(日)11:00〜
    BS日テレ
  8月16日(日)
7:00〜/24:00〜
CS「日テレNEWS24」 

日本が“植民地”を拡大した歴史の裏返しとも言える、戦後の“引き揚げ”。祖国の敗戦という現実の中で、外国人から性被害にあって妊娠し、当時法律で禁じられていた中絶手術を受けた日本人女性がいました。被害者本人からは決して語られることのない悲劇―中絶手術を行う“二日市保養所”は、引き揚げ港の1つだった博多港から車で約40分の温泉地に、1年半だけ存在した。また、長崎・佐世保港を経由して、佐賀県内の国立療養所でも、同様の中絶手術が行われた。性被害の女性を救う目的に加え、外国人との間に生まれる“混血児”が、社会の混乱を招くおそれがあると考えた国の指示のもと、中絶手術が行われた実態―国家が始めた戦争が、最も弱い立場の国民を苦しめた現実を見つめ、あやまちを繰り返さないためのメッセージを発信する。

シリーズ 戦後70年 海の記憶
父からの手紙  55分枠

放送 : 8月16日(日)
  24:55〜
ナレーター : 小山茉美
制作 : 日本テレビ
再放送 : 8月23日(日)11:00〜
    BS日テレ
  8月23日(日)
7:00〜/24:00〜
CS「日テレNEWS24」 

太平洋に浮かぶトラック諸島。71年前の1944年、「日本海軍の拠点」だった場所では、米軍の攻撃で日本の船数十隻が一瞬にして沈んだ。大半は軍に徴用された民間の輸送船だった。最も多くの犠牲者を出した「愛国丸」は豪華客船として施工されたものの客船として航海することはなかった。「父はどんな思いで亡くなったのか」…息子は、ことし「戦地の父から母へ送られていた50通の手紙」を読み、父の思いを少し知った。そしてトラック諸島へ向かった。水深50メートルの海に沈んだ父。息子は「初めて父と数十メートルの距離で繋がった」と感じた。日テレ水中班が水中の愛国丸を撮影、その映像を現地で見つめる息子の姿を取材。戦後70年…「海の記憶」が語るのは?

3・11大震災シリーズ 2つの“マル秘”と再稼働
国はなぜ原発事故試算を隠したのか? 30分枠

放送 : 8月23日(日)
  24:55〜
ナレーター : 杉本るみ
制作 : 日本テレビ
再放送 : 8月30日(日)11:00〜
    BS日テレ
  8月30日(日)
7:00〜/24:00〜
CS「日テレNEWS24」 

国が隠した2つの試算がある。「大型原子炉の事故の公衆損害…に関する試算」は日本初の原発が事故を起こすと損害は国家予算を超えるとの試算だ。マル秘の判を押され封殺された。2つ目が「原子炉施設に対する攻撃の影響に関する一考察」。イラクの原子炉が空爆されたので80年代に試算。「ミサイルの命中精度は極めて高いので格納容器が破壊される…」「1万8千人が急性死」 被爆国日本で原子力を推める為に隠し事はしないという「公開」の原則は今年まで切れ目なく破られていた。まもなく九州電力・川内原発が再稼働する。首相は安全といい規制委員長は安全とは言わない。このズレは?新基準での再稼働は都合悪い事も隠さず公開しているか?

シリーズ 戦後70年 これが最後です さようなら
〜北のひめゆりへ祈りを〜 30分枠

放送 : 8月30日(日)
  24:55〜
ナレーター : 永田亮子
制作 : 札幌テレビ放送
再放送 : 9月6日(日)11:00〜
    BS日テレ
  9月6日(日)
7:00〜/24:00〜
CS「日テレNEWS24」 

70年前の8月、終戦を迎えてもなお樺太や北方四島では砲弾が飛び交い、住民らが戦火の中を逃げ惑っていた。旧ソ連が突然、軍事侵攻してきたためだ。そして8月20日、樺太の旧真岡町の郵便局では電話交換手をしていた9人の若き女性たちが青酸カリを飲み込み集団自決するという悲劇が起きた。「北のひめゆり事件」だ。
当時、豊原郵便局に務めていた栗田八千子さん(88)はその日、真岡郵便局から1本の電話を受けた。「これが最後です。さようなら。」元同僚の女性は9人の気持ちをこう代弁する−ソ連兵から辱めを受けた果てに殺害されたくはない−。日本人女性としての修身、通信という重要な任務を担う仕事への誇り。最期の声を聞いた栗田さんの、70年目の慰霊の旅を辿りながら、女性たちが集団自決に至った、その意味を問う。

放送スケジュール

能登消滅
9分の8の衝撃  30分枠

放送 : 9月6日(日)
  25:05〜
ナレーター : 中里雅子
制作 : テレビ金沢
再放送 : 9月13日(日)11:00〜
    BS日テレ
  9月13日(日)
7:00〜/24:00〜
CS「日テレNEWS24」 

能登が消えるかもしれない。石川県の能登半島は、9つの自治体のうち8市町が「消滅可能性都市」に該当する人口減少が深刻な地域だ。この十数年間、学校の統廃合が進み、ローカル鉄道の路線も廃止となった。そんな中、住み良い場所へと集団移転するため、産廃処分施設の誘致に名乗りを上げる集落も現れた。国が「地方創生」をスローガンに政策を進める中、疲弊する地方の実情を通して、人口減少社会における今後の地方のあり方を問いかける。

ひろむ先生のまほうの手
〜自閉症のボクが特別講師に〜 [仮]  30分枠

放送 : 9月13日(日)
  25:05〜
制作 : テレビ信州
再放送 : 9月20日(日)11:00〜
    BS日テレ
  9月20日(日)
7:00〜/24:00〜
CS「日テレNEWS24」 

魔法の手…彼の手にかかると粘土はあらゆる生き物に形を変える。高山洋武(ひろむ)さん(25)は、自閉症だ。一方で、幼い頃から陶芸や造形分野で秀でた才能を持つ。彼が教える保育園の造形教室では、子どもから歓声があがり、「僕もやってみたい」という意欲と喜びが湧き上がる。今年の春からは、小学校の教壇に。自閉症の青年が、新たなフィールドで成長を遂げようとしている。「秀れた才能を教育現場に」と「障害者の自分作り」、2つのメリットを持つ新しい教育の形が始まった。

鎮魂と祈りの絵筆
〜飢餓地獄を生き延びて〜 [仮]  30分枠

放送 : 9月20日(日)
  25:35〜
制作 : 日本テレビ
再放送 : 9月27日(日)11:00〜
    BS日テレ
  9月27日(日)
7:00〜/24:00〜
CS「日テレNEWS24」 

去年、長嶋茂雄さん、山田洋次さん(映画監督)とともに東京都の名誉都民に選ばれた三橋國民さん。72年前、兵士として激戦地ニューギニアで戦った。そこは飢餓地獄と言われ、多くが餓死した。帰還後は「鎮魂」と「平和」をテーマに、95歳を目前にした今も、造形作家として創作を続ける。そして戦後70年の今年、絵筆をとり新たなキャンバスに向き合った。無謀な戦争を決して忘れない。三橋さん決意の創作に密着した。

火山列島のはざまで [仮]
55分枠

放送 : 9月27日(日)
  25:05〜
制作 : 中京テレビ・テレビ信州・鹿児島読売テレビ
再放送 : 10月4日(日)11:00〜
    BS日テレ
  10月4日(日)
7:00〜/24:00〜
CS「日テレNEWS24」 

ちょうど1年前、木曽・御嶽山は噴火し戦後最悪50人を超える死者が出た。その後も鹿児島県の口永良部島が噴火、島の住民全員が島外に避難したままだ。関東の箱根山や浅間山でも小規模噴火、小笠原の西之島では、活発な火山活動が続き陸地は拡大し続けている。火山の麓に暮らす人々の生活はどう変わり、私たちは何を学ぶべきか。中京テレビ、テレビ信州、鹿児島読売テレビが共同制作で火山列島に生きる日本の現状を伝える。

お知らせ