日テレフォーラム 第19回

テーマは、《テレビとスマホ どちらが面白い?~テレビの未来を考える~》
高校生以上の視聴者の皆様25人と報道・情報・バラエティー・ドラマ・編成の担当者5人が意見交換を行いました。

「ネットの動画は短くて面白いモノがたくさんあって飽きない」「テレビは規制が多すぎるので残念」「テレビのニュース 信用できるのは85%」「ネットは情報が早い。テレビは遅い」など、テレビに対して厳しい意見が出る一方で、「スマホでは自分の好きな分野ばかり検索してしまうが、テレビは色々な情報が流れるので、自分の知らなかったことを知ることができる」と言った意見も。
また、テレビを見ながらスマホも利用している人が多く、テレビと関係なくSNSの返信をしている人もいれば、「SNSで話題になったドラマは途中からでも見たくなる」「『○○見てね!』といった投稿があると番組を見る」など、SNSやネットで話題になることがテレビ視聴に繋がっている側面も垣間見えました。
さらに、「ドッキリで不快に感じた演出があった、という方は?」など、番組制作者からの質問も出て、今のテレビに関する活発な意見交換が繰り広げられました。

【開催概要】

日時 2018年3月10日(土)
場所 日本テレビ(東京・汐留)
司会 安村直樹(日テレアナウンサー)
佐藤真知子(日テレアナウンサー)
参加者 一般公募による参加者25人
(高校生~社会人)
パネリスト 報道局 社会部 鈴木美穂
情報カルチャー局 山本亜希子
制作局(バラエティー) 黒川高
制作局(ドラマ) 枝見洋子
編成局 総合編成部 秋山健一郎

『日テレアップDate!』 4月1日(日)ダイジェスト版放送