プレスリリース

一覧へ

2014年07月22日

24時間テレビ「愛は地球を救う」
「スポーツ用義足」を贈呈
~公益目的事業「障害者スポーツ支援」の一環として~

 2013年12月に発足した「公益社団法人24時間テレビチャリティー委員会」は、内閣府から「障害者スポーツ支援」などの新規社会貢献事業を認定されました。

 2020年に東京オリンピック・パラリンピック開催を控えているものの、いまだパラリンピックに対する注目度や関心が欧州に比べると日本は低いのが現状です。しかも、スポーツ用の義足は高価なうえ、生活用の義足と違ってレジャー用とみなされ、国からの補助がなく、すべて自己負担となっています。

 そこで、「24時間テレビチャリティー委員会」では、スポーツ用の義足などの支援を実施し、選手だけでなく、今までスポーツに接する機会が少なかった障害のある方が新しい世界に飛び込めるような機会を創出し、ひいては、2020年に開催される東京パラリンピックの成功を後押しできればと考えています。

 このたび、公益財団法人日本障がい者スポーツ協会、公益財団法人鉄道弘済会のご協力を得て審査を行い、中学生から50代のスポーツに親しむ9人の方にスポーツ用義足を贈呈することを決定しました。7月21日、贈呈式が、北区にある東京都障害者総合スポーツセンターで行われ、24時間テレビチャリティー委員会の高見俊彰副会長がスポーツ用義足を贈呈しました。贈呈された9人を代表して、慶応義塾大学の学生、関田慎次郎さんは「感謝の気持ちを持って、速く走れるように練習に励みます」とお礼の言葉を述べられました。

 24時間テレビチャリティー委員会は、今後も障害者スポーツ支援として、スポーツ用義足のほか、スポーツ用車椅子などの贈呈も視野に入れ、幅広く支援活動を続けていく予定です。

20140722.jpg
高見俊彰副会長(左)から関田慎次郎さん(右)にスポーツ用義足を贈呈


【所在地】 東京都北区十条 東京都障害者総合スポーツセンター

【主  催】 公益社団法人24時間テレビチャリティー委員会

【出席者】 贈呈者9名、臼井二美男氏(スポーツ用義足の製作を担当された義肢装具士)、
       今仙技術研究所の山田博社長、鉄道弘済会が主催するスポーツクラブ所属の80名ほか

【贈呈品】 スポーツ用義足


 日本テレビなど放送事業者31社で構成される公益社団法人24時間テレビチャリティー委員会では、皆さまからお預かりした寄附金を福祉・環境・災害復興を柱に、新規社会貢献事業として、「難病患者支援」、「視覚障害者支援」、「障害者スポーツ支援」などに活用しております。

以上
日本テレビ放送網株式会社 社長室 広報・IR部