物語 さしもしらしなもゆるおもひを

第二十四首

かぜをいたみ

ずっと秘めていた想いを千早に伝えた太一。太一はかるた部を離れ、千早はその想いにずっと気付けなかったことを後悔し、かるたを取ることができなくなる。瑞沢高校かるた部に新入生が入部した。その中にはA級の田丸翠の姿が。期待の新入生だがトラブルメーカーでもあった。

一覧に戻る
番組公式SNS
番組をシェアする