これまでのDASH島

サルノコシカケ茶をサルノコシカケの盃で2020/11/8

この日、シンタローは一人、山の中へ。
探していたのは、DASH島ではお馴染み、煎じて飲めば滋養強壮の効果があるとされるキノコ・サルノコシカケ。
これまで、TOKIOは幾度となく、お茶にして飲んできたが、今回は、後輩・シンタローが、危険な外来スズメバチの駆除を控えた先輩・城島に少しでも精をつけてもらおうと思っていた。
最初に見つけたのは、手ごろなサイズのサルノコシカケ。
高い位置に生えていたが、その身体能力で難なく採取した。
そして、さらに急斜面を登り、横幅約60cm、20年物の巨大なサルノコシカケも採った。
これを小さい方は煮出してお茶に、大きい方は削り出してサルノコシカケの盃を作って、城島に振る舞った。
後輩の気遣いに喜びながらも、真っ黒なお茶を飲んだ城島は、何の効能か異様にハイになっていた。

更新履歴
開拓史NEW