プレスリリース

一覧へ

2020年07月30日

番組制作スタッフの新型コロナウイルス感染について

7月29日、日本テレビの日曜ドラマ『親バカ青春白書』番組スタッフの男性1名(40代)が新型コロナウイルスへの検査で「陽性」であることが確認されました。

当該スタッフは、28日に発熱したことから医療機関を受診、PCR検査を受け、29日、陽性と判定されました。
今後は保健所の指示に従って、対応する予定です。

当該スタッフは番組制作に関わっていますが、保健所からは、番組出演者ほか関係者に濃厚接触者はいないと判断されました。

当社では、今後も関係各所と連携し、社内および社外への感染拡大防止と業務にあたる社員・スタッフや関係者の安全確保を最優先に行動してまいります。

以上