プレスリリース

一覧へ

2021年09月15日

日テレR&DラボとパナソニックFUTURE LIFE FACTORYによるコラボレーションチーム「TONDEMO LIFE FACTORY」が、くらしの課題に応えるスマートミラー「ミロモ」のプロトタイプを制作

 日本テレビ放送網株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長執行役員:杉山美邦、以下日本テレビ)のR&Dチーム“R&Dラボ”と、パナソニック株式会社(以下、パナソニック)のデザインチーム“FUTURE LIFE FACTORY”は、両社メンバーのコラボレーションチーム「TONDEMO LIFE FACTORY」の活動を通じて、コロナ禍でのくらしの課題である「ストレスの悪循環」の解消を目的としたスマートミラー「ミロモ」のプロトタイプ(試作品)を制作しました。

“見えないストレス”を見える化し、自然に楽しく解消するスマートミラー「ミロモ」

■「TONDEMO LIFE FACTORY」とは?
 「TONDEMO LIFE FACTORY(以下、TLF)」は、日テレR&Dラボと、パナソニックのデザインチーム FUTURE LIFE FACTORYの両社メンバーによるコラボレーションチームです。日テレの「アイデア・発想力や人を巻き込み動かす力」と、パナソニックの「テクノロジー、商品開発力、デザイン力」など、業種を超えてお互いのリソースを持ち合う形で、これからの時代に必要となる「社会課題の解決につながる、暮らしやエンターテインメントのビジネスアイデア」を創出することを目指し、2020年4月から活動しています。
 TLFでは、これまで主に「with/after コロナ時代のライフスタイル」をテーマに、これからの生活に対して提案できるアイデア作りを進めてきました。今回はTLFから生まれたアイデアのプロトタイプ第一弾として、コロナ禍でのくらしの課題である「ストレスの悪循環」(コロナ禍で解消手段が無いまま、気が付かないうちに心身にストレスがたまり続けてしまうこと)の解消を目的とした、見えないストレスを可視化し、自然に楽しく解消するスマートミラー「ミロモ」を制作いたしました。

■「ミロモ」について
 ミロモは、日々の暮らしの中で気づかない間に蓄積している「ストレス」を可視化し、その解消を促してくれるスマートミラーです。帰宅後や在宅ワークの後、一日で溜まったストレスを「ストレスモンスター」として可視化し、それを鏡の中に棲むキャラクター「ミロモちゃん」のガイドに従って退治することによって、自然にエクササイズが促され、ストレス解消が期待できます。

「ミロモ」体験の流れ

「ミロモ」の主な特徴
●生活に溶け込む“自然で楽しい”スマートミラー体験
鏡の前に立つだけで、自然に「ミロモ」の世界に入り込めるよう体験設計しています。
そのため、従来あるスマートミラーのようにあえてセンシング(センサー感知)技術や、ストレスの数値などデータなど、テクノロジー的な表現は前面に出していません。また、メニュー選択なども不要です。
いつの間にか自然にストレスが計測されて、それが楽しく解消されるような体験を目指しています。

●見えないストレスを「ストレスモンスター」として可視化、ストレスを倒すことも楽しみに!
ストレスは数値ではなく「モンスター」として表現してます。
その日のストレス度合いに応じて、登場する「モンスター」の種類や数が変動します。
「モンスター」を様々なエクササイズで倒すことで、自然に運動と笑顔が促されストレス解消につながります。

●鏡に棲むキャラクター「ミロモちゃん」がエスコート
一連の体験をエスコートしてくれるのが、鏡に棲むキャラクター「ミロモちゃん」です。
毎日見る鏡の中に、やさしく、いつも自分の味方になっていろんな言葉で励ましてくれる「ミロモちゃん」が居ることで、毎日の生活にも潤いがもたらされます。

●日テレの岩田絵里奈アナウンサー、辻岡義堂アナウンサーがキャラクターの声を担当
「ミロモちゃん」は岩田絵里奈アナウンサー、ストレスの「ボスモンスター」は辻岡義堂アナウンサーが声を担当しています。主にテレビで活躍するアナウンサーが、テレビを超えた、スマートホーム領域のコンテンツに挑戦しいます。

●ストレスの測定には、パナソニックの「デジタルヒューマン技術」を応用
デジタルヒューマン技術は、パナソニックのプロダクト解析センターで開発された、ココロの状態やカラダ負担を可視化・定量化する技術の総称で、使いやすい商品・サービス作りや、工場やオフィスなど働く現場の改善などに活用されています。

●日テレとパナソニック、両社のリソースを活用した共創型のR&D(研究開発)によるSDGsへの貢献
今回の共同開発は、アイデア思考法が全く異なる2社のコラボレーションから生まれました。
社会の課題を、お互い持ちえないリソースを掛け合わせることで、エンターテインメントとプロダクト・サービスの両方の視点で解決できる可能性があると、提示致しました。

「ミロモ」の開発を通じて、SDGs(持続可能な開発目標)における「3.すべての人に健康と福祉を」「8.働きがいも経済成長も」「11.住み続けられるまちづくりを」「17.パートナーシップで目標を達成しよう」など、社会課題解決の目標達成に向けたアプローチにも取り組んで参ります。

 なお、今回制作した「ミロモ」は、新型コロナウイルスの状況を鑑み、現時点では展示会などの場所での一般公開は予定しておらず、WEBでの情報公開となります。今後、状況が改善した際には展示会などでの一般公開も企画してまいります。

【本件に関するお問い合わせ】
日本テレビ放送網(株)社長室R&Dラボ TEL: 03-6215-2978 E-mail:rd-lab@ntv.co.jp
パナソニック デザイン本部 FUTURE LIFE FACTORY E-mail:futurelifefactory@gg.jp.panasonic.com
 

■「ミロモ」参考リンク
「ミロモ」に関する情報や「TONDEMO LIFE FACTORY」の活動は、以下のWEB等でもご紹介しております。

●「ミロモ」紹介ページ https://panasonic.co.jp/design/flf/works/mirrormo/

●「ミロモ」紹介ムービー https://www.youtube.com/watch?v=zLCJf6Z2TpY

●「ミロモ」プロトタイプの裏側
「日テレ×パナソニック 見えないストレスを見える化するスマートミラー「ミロモ」誕生!
テレビ局が、いろんなところとつながりたいnote(日テレR&Dラボ) https://note.com/ntvrdlab/n/n1ede519f63ff

●TONDEMO LIFE FACTORYについて
「トンデモナイ未来をつくろう、TONDEMO LIFE FACTORY生まれる!」日テレR&Dラボnoteで掲載中
https://note.com/ntvrdlab/n/n47e584ef058a
 

■参考リンク
●日テレR&Dラボについて
日テレR&Dラボは、社会環境・生活者・テクノロジー・メディア・コンテンツや広告関連業界の変化など、“これからのニーズ”をリサーチしながら、日テレらしい社会への提供価値を探求していくチームです。活動の様子はnoteでも発信しています、是非ご覧ください。
テレビ局が、いろんなところとつながりたいnote(日テレR&Dラボ) https://note.com/ntvrdlab

●Panasonic Design Future Life Factoryについて
FUTURE LIFE FACTORYは、「これからの豊かなくらしとは何か」を問い直し、具現化していくパナソニックのデザインスタジオ。従来の常識にとらわれない発想で、新規事業の種や未来のくらしのビジョンを世に問いかけています。
https://panasonic.co.jp/design/flf/

●パナソニックのプロダクト解析センターについて
商品の企画・設計~製造~市場に至るあらゆるステージにおいて、電気、機械、化学、人間工学などの専門家が、お客様のお困りごとにスピーディーに解を提供しています。
https://www.panasonic.com/jp/corporate/pac.html

以上
日本テレビ放送網株式会社 社長室 広報部