1996年9月14日(土)

キスチョコ イン クッキー

サクっとした歯ごたえにキュートなキスチョコが顔を出す。 明日の敬老の日のおくりものにしてはいかが!

  • 印刷

材料(18個分)

クッキー生地
バター45g
ショートニング45g
砂糖40g
三温糖25g
1/2個分
バニラオイル少々
 薄力粉150g
 重曹小さじ1/4
 塩少々
仕上げ用
キスチョコレート18個
ココア小さじ1
粉砂糖大さじ1

作り方

1
クッキー生地
  1. ボールにバターとショートニングを入れて泡立て器でクリーム状に練り、砂糖を加えてすり合わせ、三温糖も加えて混ぜ合わせます。
  2. 卵を溶きほぐし、(1)に徐々に加えて混ぜ合わせ、バニラオイルを入れて混ぜます。
  3. 薄力粉、重曹、塩を合わせて(2)にふるい入れ、ゴムベラでさっくりと混ぜ合わせます。
2
仕上げ
  1. クッキー生地を18等分して丸め、キスチョコレートを一粒ずつ中心に入れ、だんごのように丸く形作ります。
  2. 天板に並べ、180℃のオーブンに入れて約15分焼きます。
  3. ココアと粉砂糖を合わせ、熱いうちにふるいかけます。
型抜きクッキー
星、ハート、花と思い思いの形に抜いた楽しいクッキーなら、ちびっ子たちも一緒に作れそう。
上記の要領で作ったクッキー生地をポリ袋などで包み、冷蔵庫で30分以上休ませます。これをよく練ってから、強力粉をふったふきんの上にとり、めん棒で3mm厚さにのばし、好みの型で抜きます。天板に間隔をおいて並べ、170℃のオーブンで12~13分、きつね色に焼きます。好みでココアや粉砂糖をふりかけます。
※三温糖
黄褐色の純度の低い砂糖。甘みが強く。コクがあり、駄菓子や佃煮などに使われる。
アドバイス
  • ・バターとショートニングを練り混ぜる時の泡立て器の持ち手はグーの手で握り、ボールをおなか側に寄せて混ぜると、力が入り易いです。(ボールの下にはぬれ布巾を敷いて)
  • ・重曹を入れると生地がぷっくり膨らみ、焼き色が茶色に香ばしくでき上がります。
  • ・キスチョコを生地に完全に包み込むことがポイント。チョコレートは、生地で完全におおうように丸めます。生地からはみ出していると、焼き上がる途中で溶け出してしまいます。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ