1997年4月3日(木)

鶏肉の香り煮

つけ汁だけで煮込むこっくり味の鶏料理

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:250kcal
  • ・塩 分:2.1g

印刷する

材料(4人分)

鶏骨つきもも肉(小)4本
つけ汁
しょうゆ大さじ3、酒大さじ1、砂糖大さじ1+1/2、ねぎのみじん切り大さじ3、しょうがのみじん切り大さじ1、にんにくのみじん切り小さじ1、白ごま大さじ1
ピーマン1個
長ねぎ5cm
粉唐辛子少々
ごま油

作り方

1
鶏肉は骨に沿って切り込みを入れ、関節のあたりで2つに切ります。
2
(1)を鍋に入れ、つけ汁の調味料を薬味を加えてもみ込み、さらにごま油大さじ1をかけて20分ほどおきます。
3
ピーマンは縦半分に切って種を除き、せん切りにします。長ねぎは芯を除いてせん切りにして水に放し、水気をきって白髪ねぎにします。
4
(2)にふたをして中火にかけ、ときどき混ぜながら約20分、焦がさないように注意して中まで火を通します。
5
器に盛り、ピーマン、白髪ねぎを散らし、粉唐辛子をふります。
<もう一品>
桜もち
■材料6個分
白玉粉 大さじ1/2
水 大さじ5
小麦粉 大さじ5
砂糖 大さじ3
練りあん 200g
桜の花の塩漬け 10輪
桜の葉の塩漬け 3枚

■作り方
(1)、白玉粉に水大さじ5から少々加え混ぜます。

(2)、ボールに小麦粉、砂糖を入れて混ぜ、溶いた白玉粉と残りの水を加え、泡立て器で混ぜます。

(3)、フライパンに油少々を入れペーパーでふき、桜の花を並べて生地を小判形に流します。

(4)、表面が透き通ったら返し、生地が乾いたらザルに広げます。

(5)、小判形にまとめた練りあんを包みます。
アドバイス
  • ・つけ汁をからめたら必ず20分おいて鶏肉の水分がでてから火にかけること。汁気が煮つまり鶏肉にほとんどからんだところで器に盛ります。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ