1997年5月27日(火)

マルセイユ風魚のスープ

ほうぼうのうま味がぎっしりつまった

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:141kcal
  • ・塩 分:1.4g

印刷する

材料(4人分)

 ほうぼう(塩少々)2尾(500g)
 玉ねぎ1/2個
 にんじん50g
 パセリの茎1本
 ブーケガルニ(またはローリエ1枚)1束
玉ねぎ1/2個
にんにく1かけ
トマト1個
サフラン小さじ1/3
バミセリ20g
パセリ少々
塩、こしょう、小麦粉、オリーブ油

作り方

1
ほうぼうは三枚におろしにし、身はそれぞれ2つに切り、塩をふります。頭は2つに割り、エラをとってきれいに洗い、中骨は適宜に切り、頭とともに水にさらして油抜きをします。
2
玉ねぎ、にんじんを薄切りにして鍋に入れ、パセリの茎、ブーケガルニを加え、この上に(1)の頭と骨をのせ、水5カップを加え、強火にかけます。煮立ってきたらアクをすくいとり、弱火にして約20分煮、こしてスープをとります(約3カップになる)。
3
玉ねぎ、にんにくはみじん切りにし、トマトは皮を湯むきして1cm角に切ります。
4
鍋にオリーブ油大さじ1を熱し、玉ねぎとにんにくをよく炒め、小麦粉大さじ1をふるい入れて炒め、(2)のスープでのばします。
5
(4)にトマト、サフラン、塩小さじ1、こしょう少々を加え、さらにバミセリを2cm長さに折って加え、3分煮て塩、こしょうで味をととのえます。
6
器に盛り、パセリのみじん切りをふります。
ほうぼうをおろしたもの。アラは頭は半分に割って、氷水に15分程つけて血抜きをします。
※ほうぼう
白身で締まった肉質を持ち、味は鯛に匹敵するといわれる高級魚。体の赤みが濃く、鮮やかな色のものがよい。薄造り、昆布じめ、ちり鍋などにもよい。
アドバイス
  • ・ほうぼうはお店でおろしてもらうとよいでしょう。但し、アラもスープに使うので忘れずに!

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ