1997年10月4日(土)

さんまのオイル漬け

鮮度のいいうちにまずはこの方法でストック サラダにスープに、食べ方はいろいろ

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

印刷する

材料(4人分)

さんま6尾
にんにく2かけ
赤唐辛子2本
ローリエ2枚
オリーブ油、塩

作り方

1
さんまは頭と尾を落とし、腹に切り目を入れて内臓を除き、血合いもきれいに洗い落とします。水気をふいて適宜に切り、塩大さじ3を両面にふり、ペーパータオルなどの上に置いて 15分ほどおきます。塩をさっと洗い流し、ペーパータオルで水気を充分にふきとります。
2
にんにくは芽を除いて薄切りにし、赤唐辛子は種を抜きます。
3
鍋にさんまを並べて(2)を散らし、ローリエをのせ、オリーブ油をヒタヒタ(約1/2カップ)に注ぎます。弱めの中火にかけ、さんまの表面が少し茶色になり、ブツブツ言わなくなったら火を止め、そのまま冷まします。
さんまのオイル漬けサラダ風
さんまのオイル漬け8~10切れをサニーレタスとともに器に盛り、刻んだ玉ねぎとトマトをたっぷりのせて食べます。玉ねぎは1/2個をみじん切りにして塩、こしょうをし、レモン汁大さじ2をかけて 15分おいてから、トマト1/2個のさいと目切りを合わせます。
さんまのオイル漬けスープ仕立て
好みの野菜スープまたはチキンスープを4カップ用意します。みじん切りの玉ねぎ1/2個分とベーコン2枚分を炒めてスープを加え、薄切りのセロリ1本分、さんまのオイル漬け4切れ、酢小さじ2、小口切りの赤唐辛子、塩、こしょう各少々を加えてひと煮立ちさせます。仕上げに薄切りのレモン、香菜などを加えます。
アドバイス
  • ・保存袋などに詰めて冷蔵庫に入れれば、1週間はおいしく食べられます。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ