1999年11月12日(金)

鴨すき

相性のよいねぎを巻いてすき焼きに

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:283kcal
  • ・塩 分:2.3g

印刷する

材料(4人分)

合鴨ロース肉(薄切り)300g
長ねぎ2本
焼き豆腐1丁
えのき茸1袋(100g)
割りした(酒、しょうゆ各大さじ3、だし汁1/4カップ、砂糖大さじ1)
合鴨の脂身少々
4個

作り方

1
長ねぎは白い部分と葉に切り分け、白い部分は5cm長さに切り、太いものは縦2~4つに切ります。葉は斜め薄切りにします。
2
焼き豆腐は1cm厚さに切り、えのき茸は根元を切り落としてほぐします。
3
鴨の薄切り肉は1枚ずつ広げ、(1)の長ねぎの白い部分を適量ずつ芯にして巻きます。
4
割りしたを作ります。鍋に酒を煮立ててアルコール分を飛ばし、だし汁、砂糖、しょうゆを加えてひと煮立ちさせます。
5
すきやき鍋を熱して鴨の脂身を溶かし、(3)の巻き終わりを下にして並べ入れ、鍋に面した部分が焼けたら割りしたを注ぎ、焼き豆腐を加えます。肉の色が変わったら長ねぎの葉とえのき茸も加えてさっと煮ます。
6
煮えたものからとり分け、溶き卵をつけて食べます。
合鴨
真鴨を家禽化したあひるで、色や肉質は真鴨に近い。出回っているもののほとんどは、抱き身と呼ばれる胸肉部分で、和洋中の料理に広く使われる。
アドバイス
  • ・鴨は半解凍の状態で皮目を下にしてそぎ切りにします。
  • ・余分な脂はヘッドとして使います。
  • ・この鍋ものは鍋奉行が大活躍です。鴨は煮すぎないでほんのり赤いくらい、芯のねぎが半生なところで煮えたものから順に食べます。
  • ・豆腐やえのき、ねぎの青いところはよく煮込んでからいただきましょう。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ