2000年3月14日(火)

さばの利休干し

とりあえず作っておくと重宝しそう

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:357kcal
  • ・塩 分:1.3g

印刷する

本日のもう一品:けんちん汁

材料(4人分)

さば1尾(正味400g)
つけ汁(酒、みりん、しょうゆ各1/3カップ)
白ごま大さじ3~4
▼あんずの甘煮
 干しあんず8個
 みりん大さじ1
 砂糖大さじ1~2

作り方

1
さばは頭、腹ワタを除いて三枚におろし、腹骨をすきとり、皮目に5mm間隔で包丁目を入れます。
2
バットにつけ汁の材料を合わせ、(1)のさばを約1時間つけ込み、途中で上下を返して味をなじませます。
3
さばの汁気をきって網をのせたバットに並べ、両面にごまをまぶし、そのまま冷蔵庫に一晩入れて乾かします。
4
食べやすい大きさに切ってグリルで焼きます。
5
器に盛り、あんずの甘煮を添えます。
あんずの甘煮
干しあんずは水で洗い、水1/2カップ、みりん、砂糖とともに耐熱容器に入れ、ラップをして電子レンジ強に3分かけます。
網にのせて冷蔵庫に入れ、下にも冷気がまわるようにすると、早く、ムラなく乾く。屋外の風通しのよい場所なら冷蔵庫より早く、2~3時間で干し上がる。
<さばの三枚おろし>
頭を落とす。
指をいれて腹ワタを取り出し、水洗いする。
水気をふいて背に包丁を入れる(腹側にも同様に入れる)。
尾のほうから身と骨の間に包丁を入れて上身をはずす。(最後は左手で尾のほうを押さえてはずすとよい)
腹骨をすきとってから、味がしみ易いように皮目に切り目を入れておく。
アドバイス
  • ・バットがなければ、袋でピッチリと空気を抜いてつけ込んでもよい。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ