2000年8月19日(土)

コーンとレタスの炒めもの

北京では夏になるとよくとうもろこしのおかずを作るそうです。日本ではゆでて食べるのがほとんどですが…。

  • 印刷

材料(4人分)

とうもろこし(生)2本
レタス(大)5~6枚
しょうが(小)1かけ
●塩、こしょう、油

作り方

1
とうもろこしは長さを半分に切り、包丁で縦に実を削ぎとります。
レシピ画像
2
レタスは大きめの一口大にちぎり、しょうがは薄切りにします。
3
フライパン、または中華鍋に油大さじ2を熱してしょうがを炒め、香りが出てきたらとうもろこしを炒め合わせます。色が鮮やかになり甘い香りがしてきたらレタスを加え、強火にして手早く炒め合わせます。
4
レタスがしんなりしたら、水気が出てこないうちに塩小さじ1/3、こしょう少々で調味し、すぐに器に盛ります。
【もう1品】
とうもろこしとスペアリブのスープ
材料:
 とうもろこし(生2本)
 スペアリブ(400g)
 長ねぎ(1/2本)
 水(4カップ)
 塩・こしょう
作り方
1) ともろこしは2~3cm長さの輪切りにします。
2) スペアリブはゆでこぼしてから洗い、鍋に水、
   3~4cm長さに切った長ねぎとともに入れる。
3) 火にかけて、とうもろこしも加え30分くらい煮る。
4) 塩、こしょうで味をととのえる。
アドバイス
  • ・生のとうもろこしが手に入りにくいときは缶詰でも結構ですが、そのときは汁気をしっかりきって使います。
  • ・木べらの先が焦げついた感じになるまでじっくり炒めるのがポイント。このへらの先についたものがとうもろこしの糖分。
  • ・ポップコーンのような香りがしてきます。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ