2001年2月3日(土)

鶏骨つき肉と大豆の煮もの ねぎがゆ

話題の栄養素を豊富に含んだ素材の組み合わせ

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

印刷する

材料(4人分)

■鶏骨つき肉と大豆の煮もの
鶏骨つきぶつ切り肉400g
蒸し大豆1缶(120g)
長ねぎ1/2本
しょうが1かけ
●塩・こしょう・酒
■ねぎがゆ
もち米1/2カップ
長ねぎ1本
しょうが1/2かけ
●酢

作り方

1
鶏骨つき肉と大豆の煮もの
  1. 鶏肉は鍋に入れてたっぷりの水を注ぎ、強火にかけて沸騰させ、アクを出してゆでこぼします。
  2. 長ねぎは5cm長さに切り、しょうがは薄切りにします。
  3. (1)に新しく水1カップを加え、長ねぎとしょうがを加え、酒大さじ2を加えて再び強火にかけます。沸騰したら弱火にしてふたをし、約20分煮て蒸し大豆を加え、塩小さじ2/3も加えてさらに約20分煮ます。
  4. 煮汁が少なくなってトロッとしてきたら火を止め、こしょう少々をふります。
2
ねぎがゆ
  1. もち米は洗って水気をきります。
  2. ねぎは3cm長さに切り、しょうがはみじん切りにします。
  3. 鍋に(1)、(2)と水8カップを加えて強火にかけ、鍋底全体を混ぜてくっつくのを防ぎ、沸騰したら弱火にし、ふたをして40~50分煮ます。
  4. 炊き上がり直前に酢大さじ1を加えて火を止めます。
    レシピ画像
<もう一品>
ほうれん草と、ピータン、ゆで卵のあえもの
材料:
ほうれん草(1わ)
ピータン(1個)
半熟ゆで卵(1個)
せん切りしょうが(1かけ分)
たれ
 甜麺醤(大さじ1/2)
 しょうゆ(大さじ1/2)
 酒(大さじ1/2)
 酢(小さじ1弱)
 ごま油(大さじ1)

作り方:
(1) ほうれん草はゆでて、食べやすい長さに切り、器に盛っておきます。
(2) ゆで卵は手で割り、ピータンは包丁の背でつぶして(1)にのせます。
(3) せん切りのしょうがものせ、たれの調味料を合わせてかけ、全体をあえます。
アドバイス
  • ・鶏肉は少な目の水で煮るので(スープではない)、途中焦げつかせないように注意します。
  • ・緑黄色野菜を添えて風邪予防のお献立
  • ・おかゆの炊き上がりの黒酢を加えたら長く煮ないこと。(のどによい黒酢がおすすめです。)

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ