2001年3月13日(火)

鯛のアンチョビーバターソース

鯛のカリッと焼きたての熱々のところにソースがとろけ出す・・・

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:237kcal
  • ・塩 分:1.1g

印刷する

材料(4人分)

4切れ(約400g)
(塩小さじ1/3 黒こしょう少々 オリーブ油大さじ1)
アンチョビーバター《バター50g アンチョビーフィレー2枚 パセリのみじん切り大さじ3》
▼きのこのソテー
 ブラウンマッシュルーム1パック(150g)
 にんにく(小)1/2かけ
 玉ねぎ20g
 パセリのみじん切り大さじ1+1/2
●塩、こしょう、オリーブ油、バター

作り方

1
鯛のアンチョビーバターソース
  1. 鯛の切り身は塩、黒こしょうをふり、オリーブ油をまぶしておきます。
  2. アンチョビーバターを作ります。バターは室温にもどしてやわらかく練り、アンチョビーを粗く刻んで加え、水気をよくきったパセリのみじん切りも加えてよく混ぜます。
  3. 樹脂加工のフライパンにオリーブ油大さじ1を熱し、(1)の鯛を皮目を下にして並べ入れ、両面にこんがりと焼き色をつけ、厚みがあればふたをして火を弱め、中まで火を通します。
  4. 器に鯛を盛って熱いうちに(2)のアンチョビーバターをのせ、きのこのソテーを添えます。
2
きのこのソテー
  1. マッシュルームは縦4つ割りにし、にんにく、玉ねぎはみじん切りにします。
  2. フライパンにバター大さじ1/2を溶かしてにんにく、玉ねぎを炒めます。香りが出たらマッシュルームを加えて水大さじ1をふりかけ、しんなりするまで炒めて塩、こしょう各少々で調味し、火を止めてパセリのみじん切りを混ぜます。
アンチョビーフィレ-・・・
日本近海の新鮮な「カタクチイワシ」を使って国内で製造し、7ヶ月間熟成。独特のうまみがあり、パスタやソースなどに広く使われる。
アドバイス
  • ・鯛は皮をカリッと焼きつけるのがポイント。
  • ・皮目から焼き始め、身がキューと縮んでくるのでターナーでおさえながら焼き色をつけます。
  • ・くれぐれもソースは熱々のうちにのせていただきましょう。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ