2001年12月8日(土)

金目鯛と椎茸のオーブン焼き

イタリアンのおいしさの決め手はバルサミコ酢とドライトマト

  • 印刷

材料(4人分)

金目鯛1尾(600g)
(塩、こしょう各少々)
生椎茸2パック
にんにく2かけ
セージ(生)3枝
ドライトマトのオイル漬け4枚
白ワイン(辛口)1/2カップ
バルサミコ酢大さじ2
●バージンオリーブ油

作り方

1
金目鯛はウロコと腹ワタを除いて水洗いし、水気をよくふきとり、表面全体と腹の中に塩、こしょうをします。
2
生椎茸は石づきをとり、軸も一緒に粗く切ります。にんにくは包丁で叩いて軽くつぶし、粗く刻みます。ドライトマトはオイルをきり、細かく刻みます。
3
オーブンの天板にオリーブ油を魚の大きさにたっぷり敷き、そこに魚をのせ、尾が焦げないようにオリーブ油をぬってアルミ箔で包みます。
4
魚の腹の中にセージを2枝入れ、魚の下やまわりに残りのセージをちぎって散らし、にんにくも散らします。さらに椎茸を魚のまわりに置き、ドライトマトを魚や椎茸の上に散らし、オリーブ油大さじ4~5を全体にかけます。
5
200℃のオーブンに入れてまず10分焼き、次に白ワインをかけて約5分焼きます。さらにバルサミコ酢をかけて焼き汁をすくいかけ、再び約10分焼いて中まで火を通します。
●ドライトマトの扱い方・・・
 ドライトマトは熱湯をかけて約5分おいてもどし、ザルに上げて自然に水気をきる(絞ってはいけない)。
●自家製ドライトマトのオイル漬け・・・
 もどして水気をきったドライトマトにバージンオリーブ油をかぶるまでかけ、好みでにんにくやハーブを加える。市販品もある。オイルにもうまみが出ているのでパスタなどに使える。
<ドライトマトを使ってみよう>
熱湯をヒタヒタにかけて、10分おいてもどす。
ザルにあけて自然に水気をきる。ここで絞ってしまうとうま味が逃げるのでご注意。このもどし汁にうま味がでているので、スープや煮ものに利用するとよい。
水気がきれたらオリーブ油をトマトがかぶる位までかけ、一晩おく。(お好みでにんにくやハーブを一緒に加えてもよい)
アドバイス
  • ・オイル漬けのトマトはほかに煮ものに入れたり、このままパンに挟んでもよい。
  • ・また、オイルはパスタなどに使えます。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ