2003年2月12日(水)

割り干し大根とにしんの煮もの

にしんのうま味をたっぷり含んだ大根が味わい深い

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:278kcal
  • ・塩 分:2.5g

印刷する

材料

割り干し大根60g(もどして300g)
身欠きにしん(ソフト)(大)2枚(250g)
だし汁3カップ
砂糖大さじ2
みりん大さじ2
しょうゆ大さじ2+1/2
粉山椒適量
●米のとぎ汁

作り方

1
割り干し大根はさっと洗い、たっぷりの水につけてやわらかくもどします(袋の表示時間参照)。水気を絞って4~5cm長さに切り、たっぷりの熱湯でさっとゆでてザルに上げ、水気をよくきります。
2
身欠きにしんはたっぷりの米のとぎ汁で約10分静かにゆで、水にとって残っているウロコと骨をこすり落としながら洗います。水気をきり、1枚を3~4つに切ります。
3
鍋にだし汁、砂糖、みりん、しょうゆを合わせて(2)のにしんを並べ入れ、紙ぶたをして中火にかけ、煮立ったら少し火を弱めて約10分静かに煮ます。
4
(3)に割り干し大根を加え、煮汁が少し残るまで約20分煮含めます。途中でときどき鍋をまわし、味が均一につくようにします。
5
器に盛り、粉山椒をふります。
■にしんの下ゆで■
(1)
米のとぎ汁で冷たい状態からゆで始める。ゆで時間は煮立ってから3~5分。
(2)
水にとりウロコと腹骨を手でこすりおとす。
(3)
水気を拭いて包丁で小骨をそぎとる。(食べたときに気になるので!)
アドバイス
  • ・割り干し大根は袋の表示に従ってもどし、味がよく染みるように必ず熱湯でゆでて臭みをとっておくこと。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ