2003年4月5日(土)

アスパラのマルタリアーティ

手打ちパスタ初心者の方向け、打ちたてのおいしさは格別です

  • 印刷

材料(4人分)

▼ 手打ちパスタ
 強力粉300g
 塩小さじ1/2
 水100ml強
▼ ソース
 グリーンアスパラガス12~16本
 にんにく1かけ
 バージンオリーブ油大さじ4
 塩、こしょう各少々
バージンオリーブ油適量
パルメザンチーズ適量
黒粒こしょう少々
● 塩、打ち粉(強力粉)

作り方

1
パスタを作る。台に強力粉を山形に盛り、中央にくぼみを作って塩を入れ、水を少しずつくぼみに加えながら、フォークなどで水と塩と粉を合わせていく。水の量は気温や湿度で変わってくるので様子を見ながら加減する。全体にまとまってきたら、手のひらのつけ根を使って表面がなめらかになるまでこねる。
レシピ画像
2
生地を丸くまとめ、ボウルをかぶせて室温で30分ほど寝かせる。
レシピ画像
3
生地をのばしやすい量に分割し、打ち粉をした台にとり、めん棒で1~2mm厚さに薄く均一にのばす。適当な大きさの乱切りにし、打ち粉をした台や乾いたふきんの上にくっつかないように並べ、乾燥した場所に置く。
レシピ画像
4
アスパラガスは根元の固いところを折り、使う直前まで水につけておく。パスタの湯をたっぷり沸かし、塩を多めに入れてアスパラガスをやわらかめにゆで、とり出して一口大の斜め切りにする。続いてパスタを入れ、約3分を目安に歯ごたえよくゆでる。
5
この間に、フライパンにつぶしたにんにくとオリーブ油を入れて弱火で炒め、香りが出たらアスパラガスを加えて中火で炒め、塩、こしょうで味をととのえる。
6
パスタがゆで上がったらゆで汁をざっときって(5)に加え、火にかけながらよくあえ、器に盛る。オリーブ油とおろしたチーズをかけ、黒こしょうをひく。
アドバイス
  • ・寝かせた生地がなかなか伸びにくい!と感じるかも・・・ちょっと時間がかかりますが、ひたすら2ミリ位の厚さになるまで、打ち粉をづりながらのばしましょう。
  • ・ゆで上がりのパスタをソースとあえるとき、水分が少ないときはゆで汁を足すとよい。
  • ・マルタリアーティとは、マルが「乱雑に」、タリアーティは「切った」という意味。名前の通り、ナイフやカッターで思い切ってカットし、パスタがくっついたり、重なったりしないように台や盆ザルにのせて広げておきます。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ