2004年7月19日(月)

いさきのハーブ焼き

ハーブをたっぷりつめて焼く、簡単だけどごちそう風

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:192kcal
  • ・塩 分:1.5g

印刷する

材料(4人分)

いさき2尾(600g)
(粗塩小さじ1+1/2 こしょう少々)
 タイム(生)1/2パック
 ローズマリー(生)1/2パック
 エストラゴン(生)1/2パック
 にんにく2かけ
 オリーブ油大さじ2~3
▼ つけ合せ
玉ねぎ2個
にんにく1個
レモン1/2個
● 塩、こしょう

作り方

1
いさきはウロコとエラをとり、裏側の腹に切り目を入れて腹ワタを除き、水洗いして水気をふきとり、両側に飾り包丁を1本ずつ入れる。
2
いさきの表面と腹の中に粗塩とこしょうをまんべんなくふり、腹の中にタイム、ローズマリー、エストラゴンの各半量とつぶしたにんにくを詰める。天板に頭を左にして並べ、残りのタイム、ローズマリー、エストラゴンをのせ、オリーブ油をふりかける。
3
つけ合わせの玉ねぎとにんにくは皮ごと横半分に切り、(2)の天板の隅に切り口を下にしてのせる。250℃のオーブンに入れ、いさきと玉ねぎに火が通るまで25~30分焼く。
4
器にいさき、玉ねぎ、にんにくを盛り合わせ、レモンを添える。玉ねぎには塩、こしょうをふる。
ハーブオイル・・・
残ったハーブでハーブオイルを。ハーブの水気をよくふきとり、つぶしたにんにく1~2かけ、赤唐辛子1~2本とともにバージンオリーブ油1カップにつけ込む。30分後から使え、冷蔵庫で4週間位保存できる。食卓で料理に好みでふりかけたり、サラダやマリネなどに使う。
アドバイス
  • ・いさきは臭みが残らないようにエラと腹ワタをはずしておきます。
  • ・エラはハサミで切るとよい。もし、卵巣が入っていたら、水洗いしてからハーブと一緒に腹に詰めて焼くとおいしい。
  • ・一緒に焼く玉ねぎとにんにくもトロリとおいしく焼けるので、忘れずに。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ