2005年8月6日(土)

イマム バユルドゥ(冷たいなすの詰めもの) パタテス サラタス(ポテトサラダ)

トルコではポピュラーななすの冷製です

  • 印刷

材料(4人分)

■イマム バルユドゥ
なす12個
玉ねぎ(大)1個
にんにく5かけ
トマト4個
 塩小さじ2
 砂糖大さじ1+1/2
 オリーブ油1/2カップ
 熱湯1カップ
イタリアンパセリ適量
● 塩
■パタテス サラタス
じゃが芋1kg
あさつきまたは万能ねぎ10本
イタリアンパセリ1パック
 レモン汁1個分
 オリーブ油1/2カップ
 塩小さじ1

作り方

1
イマム バルユドゥ
  1. なすはヘタを切って皮を縞目にむき、刃先でところどころ突いて穴をあけ、薄い塩水につける。
  2. 玉ねぎは縦半分に切り、薄切りにする。にんにくは薄切りにする。トマトは皮を湯むきし、2cm角に切る。イタリアンパセリはみじん切りにする。
  3. 平らな鍋になすの水気を軽く絞って並べ入れ、玉ねぎを一面にのせ、にんにくを散らす。さらにトマトを一面にのせ、塩、砂糖、オリーブ油を加え、熱湯を注ぐ。ふたをして強めの中火にかけ、なすがやわらかくなるまで約40分蒸し煮にする。さらに弱火で10分煮て火を止め、そのまま冷ます。
  4. 器になすを並べ、なすの中央に切り目を入れて少し開き、そこに一緒に蒸した野菜を詰め、イタリアンパセリを飾る。
2
パタテス サラタス
  1. じゃが芋は洗って皮つきのままやわらかくゆで、ザルにあけてゆで汁をきり、冷めたら皮をむいて2cm角に切る。
  2. あさつきは小口切りにし、イタリアンパセリはみじん切りにする。
  3. ボウルに(1)、(2)を入れ、レモン汁、オリーブ油、塩を加えて混ぜ合わせ、器に盛る。
一味唐辛子や刻んだミントを加えてもおいしい。

■ 野菜を詰めるところ・・・
なすに具をたっぷり詰めましょう。(残さずつめる)
■ トマトの皮むき・・・
包丁の背で表面をなでて、やわらかくする。
十字に切り目を入れて皮をむく。
アドバイス
  • ・なすは火が通り易いように、皮を縞目にむき、包丁の刃先で穴をあけておきます。
  • ・このお料理・・・本来はなすを揚げて、炒めた野菜を詰めて蒸し煮にするそうですが、近頃、トルコでもヘルシー志向になってこの手法が主流だそうです。イマム パユルドゥとは「お坊さんが気絶した」という意味で、あまりのおいしさにびっくりしたことからこの名がついたといわれています。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ