2006年7月8日(土)

コシーニャ

ブラジルではポピュラーなスナック、山形の可愛い形のコロッケ。

  • 印刷

材料(10個分)

▼コロッケだね
 鶏胸肉2枚(350g)
 じゃが芋4個(正味400g)
 固形スープの素1個
玉ねぎ1個
 イタリアンパセリ2本
 塩小さじ1
 こしょう少々
 強力粉150g
 サラダ油大さじ2
▼衣
 強力粉適量
 卵1個
 牛乳1/2カップ
 パン粉適量
●油

作り方

1
じゃが芋は皮をむき、鶏肉とともに鍋に入れ、かぶるくらいの水を加えて中火にかける。ひと煮立ちしたら砕いたスープの素を加え、じゃが芋に竹串がスーッと通るまでゆでる。
2
じゃが芋と鶏肉をとり出し、じゃが芋は熱いうちになめらかにつぶし、鶏肉は粗熱がとれたら手で細かく裂く。ゆで汁は3/4カップを量っておく。
3
玉ねぎとイタリアンパセリはみじん切りにする。油大さじ2で玉ねぎを炒め、半透明になったら(2)の鶏肉とイタリアンパセリを加え、塩、こしょうで調味して10等分する。
4
鍋につぶしたじゃが芋と強力粉を入れてざっと混ぜ、中火にかけ、(2)のゆで汁を2回に分けて加えながら弱火でよく練る。固めのマッシュポテト状になり、ひとまとまりになったら火からはずし、鍋肌からサラダ油を加えてよく練り混ぜる。
レシピ画像
5
(4)の生地を10等分し、さわれる程度に粗熱がとれたらひとつを手にとり、中心に(3)を入れて丸め、円錐形に形作る。残りも同様にして形作り、冷ます。
レシピ画像
6
衣の卵と牛乳は合わせてよく溶き、パン粉はフードカッターにかけて細かくする。
7
(5)が冷めたら強力粉をまぶし、卵と牛乳の液にくぐらせ、パン粉をつける。160℃位の低めの揚げ油に入れ、転がしながらきつね色になるまでゆっくりと揚げる。
レシピ画像
アドバイス
  • ・コロッケだねのじゃが芋も鶏肉も粗熱をとってから包むこと。
  • ・包むときは手に油をつけると作業がラクです。
  • ・衣のパン粉は細かく砕いておくこと(ブラジルでは本来キャッサバ芋をすりおろして絞ったカスを乾かしてまぶす)。
  • ・低温の油でゆっくり火を通すこと!高温だと破裂してしまいます。
  • ・コシーニャとは鶏のももの意味。ブラジルでは3時のおやつの時間になると売りにやってくるほか、サッカー場などで売られているそうです。ガラナジュースが合うそうです。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ