2006年7月26日(水)

たちうおのソテー バジルソース

フレッシュバジルで作るバジルソースはまさに本場イタリアの味

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:390kcal
  • ・塩 分:1.3g

印刷する

材料(4人分)

たちうお4切れ(400g)
 (塩、こしょう各少々)
白ワイン大さじ2
▼バジルソース(使用量の約倍量)
 バジルの葉50g
 にんにく1かけ
 アンチョビーフィレー1枚
 松の実(炒ったもの)大さじ2
パルメザンチーズ(おろして)大さじ2
 塩小さじ1
 こしょう少々
 バージンオリーブ油1/2カップ
▼つけ合せ
 トマト2個
 塩、こしょう各少々
●小麦粉、オリーブ油

作り方

1
バジルソースを作る。フードカッターに材料を全部入れ、約1分かけてペースト状にする。
レシピ画像
2
たちうおは背ビレの両側からV字に包丁を入れ、包丁で背ビレを押さえて抜きとる。両面に塩、こしょうをふり、小麦粉を薄くまぶしつける。
3
トマトは1cm厚さの輪切りにし、小麦粉を薄くまぶす。フライパンにオリーブ油少々を熱してトマトを並べ入れ、両面をさっと焼き、塩、こしょうをしてとり出す。
4
フライパンにオリーブ油大さじ1を熱し、たちうおを並べ入れて中火で焼き、こんがりと焼き色がついたら裏返す。火を少し弱めてじっくりと中まで火を通し、白ワインをふりかけてアルコール分を飛ばす。
5
器にたちうおを盛り、(3)のトマトをつけ合せ、たちうおにバジルソースを大さじ1ずつかける。
たちうおの下処理
(1)
背ビレの両側にそれぞれ包丁で切り目を入れる。
(2)
包丁でヒレを押さえて、引き抜く。
(3)
子持ちのたちうおの場合、取り出して切り身とは別々に粉をつけて焼くとよい。
バジルソースの保存
密閉袋などに入れて、小分けにして保存しておくと便利。
アドバイス
  • ・バジル50gはほぼ4パック分です。
  • ・バジルソースの保存は、2~3日ならビンに入れて油を上面にかけて(酸化防止)冷蔵庫で、それ以上保存する場合は、冷凍庫で保存します。
  • ・焼き時間は白ワインをふり、ふたをして3~4分かけて火を通し、焼き上がりは、たちうおのヒレをはずしたところから身の色を確認します。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ