2007年1月9日(火)

たら汁

寒さが増すとおいしくなる旬のたらを上品に食べる

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:94kcal
  • ・塩 分:2.1g

印刷する

材料(4人分)

生だら4切れ(300g)
大根150g
舞茸1パック
 水4カップ
 酒1/4カップ
 だし昆布10cm
 塩小さじ2/3
 しょうゆ小さじ1
おぼろ昆布5g
長ねぎ(白い部分)1/2本分
●塩

作り方

1
たらは小骨があればとり除き、1切れを半分に切り、塩小さじ1をふって15~20分おく。
2
大根は皮をむき、3mm厚さの輪切りまたは半月切りにする。舞茸は食べやすい大きさに裂く。
3
長ねぎの白い部分は縦に切り目を入れて芯を除き、斜め薄切りにして水にさらす。
4
(1)のたらを熱湯にさっとくぐらせ、表面の色が白くなったら冷水にとり、水の中でウロコなどをとり除いて水気をきる。
5
鍋に大根とたらを入れ、分量の水、酒、だし昆布を加えて中火にかける。煮立ったらだし昆布をとり出し、アクをていねいにとり除きながら弱めの中火で約7分煮る。
6
(5)に舞茸を加えてさっと火を通し、塩、しょうゆで味をととのえる。
7
椀にたら、大根、舞茸を盛って汁をはり、おぼろ昆布を加え、水気をきった(3)の長ねぎをのせる。好みで七味唐辛子をふる。
アドバイス
  • ・たらは崩れやすいので、大根を敷いた上にのせて煮るとよい。
  • ・途中、アクを丁寧にすくいながら煮ること。
  • ・大根はたらと火の通りが一緒になるように、薄切りにします。
  • ・舞茸は長く煮ないこと(さっと温める程度でOK)。
  • ・仕上げに香りづけにしょうゆを落とすと、魚の臭みが消えます。
  • ・おもちをプラスしてお雑煮風にいただくのもよい。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ