2007年6月16日(土)

鶏もも肉のタイ風オーブン焼き~ガイ ヤーン~

タイ東北部の名物焼き鳥、おこわと一緒に食べるのがお約束。

  • 印刷

材料(4人分)

鶏骨つきもも肉4本(約800g)
▼つけ汁
 にんにく2かけ
 レモングラス根元のほう10cm)2本
 香菜の根1株分
 ナンプラー大さじ1
 しょうゆ大さじ1/2
 砂糖小さじ1
 こしょう小さじ1/4
 塩少々
香菜の葉2株分
▼たれ
 スイートチリソース(市販品)大さじ2
 レモン汁大さじ1
 ナンプラー大さじ1/2
タイ米おこわ適量

作り方

1
鶏肉は皮目をフォークで刺し、関節の部分で半分に切る。
2
にんにく、レモングラス、香菜の根はみじん切りにしてボウルに入れ、ナンプラー、しょうゆ、砂糖、こしょう、塩を加えて混ぜる。鶏肉を入れてよくこすりつけてから、約2時間つけておく。
3
オーブンの天板に網を置き、鶏肉の皮目を上にしてのせ、180℃のオーブンで30分焼き、裏返してさらに15分、色よく焼く。
4
スイートチリソース、レモン汁、ナンプラーを混ぜてたれを作る。
5
器に鶏肉と香菜の葉を盛り合わせ、たれ、タイ米おこわを添える。
▼タイ米おこわの蒸し方
タイのもち米は水でサラサラと軽く洗い、たっぷりの水に一晩つける。ザルに上げて水気をきり、蒸し布を敷いた蒸し器に広げて入れ、中火で30~40分蒸す。途中、2回ほど打ち水をして上下を返す。
■使用する食材■
香菜
タイ語ではパクチー、英語ではコリアンダー。個性的な強い香りだが、タイ料理にはなくてはならない香菜。根だけを刻んで使うことも多い。
レモングラス
タイ語ではタクライ。葉はハーブティーでおなじみだが、タイ料理では、生の茎のやわらかい部分を刻んだり、つぶして使う。
タイのもち米
香り高い長粒米のもち米。日本米に比べて砕けやすいので、ゴシゴシ洗わないこと。
■タイ式な食べ方■
肉はちぎって、手でもち米といっしょにタレをつけてそのままどうぞ!
アドバイス
  • ・レモングラスは根元の部分を刻みます。もしも、ない場合は、葉を極細かく刻んで使います。
  • ・2時間以上漬け込むときは、冷蔵庫に入れましょう。
  • ・タイ東北部はもち米が主食、香菜もたっぷり添えて豪快にいただきましょう。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ