2007年10月20日(土)

小松菜と牛肉の炒めもの

家庭でもササっと出来る炒めもののコツをチェック!

  • 印刷

材料(2人分)

小松菜1わ(200g)
牛肉(切り落とし)200g
 (塩、こしょう各少々 酒大さじ1 片栗粉大さじ1)
にんにく1かけ
▼合わせ調味料
 酒大さじ1
 しょうゆ大さじ1
 砂糖小さじ1
●サラダ油、ごま油

作り方

1
小松菜はきれいに洗い、根元を切って4~5cm長さに切り、茎と葉先にざっと分けておく。にんにくは半分に切る。
2
牛肉は大きければ一口大に切り、塩、こしょう、酒をふって手でもみ込み、片栗粉を加えてほぐすようにしてまぶす。
3
合わせ調味料を混ぜて用意しておく。
4
フライパンにサラダ油大さじ1とごま油大さじ1/2を熱し、(2)の牛肉とにんにくを入れてほぐしながら中火で炒める。牛肉の色が変わったら小松菜の茎を加えてさっと炒め、水大さじ1~2を加え、ふたをして1~2分火を通す(茎がしんなりするまで)。
5
(4)に小松菜の葉先を加え、合わせ調味料をまわし入れ、手早く全体を炒め合わせる。
ここがポイント!
小松菜は茎と葉先では火の通り具合が異なるので、切ったらざっと分けておき、別々に加えて炒めること。
また、途中ふたをして蒸らし炒めにすると、茎も葉先もムラなく火が通る。
牛肉は調味料をもみ込んだあと片栗粉をまぶしておく。炒めたときに固くならず、また仕上がりに自然なとろみがついて調味料がまんべんなくゆき渡る。
アドバイス
  • ・肉に片栗粉をまぶしておくと、肉がやわらかく仕上がります。
  • ・ササっと炒めることが大切なので、調味料はあらかじめ混ぜ合わせておくこと。
  • ・小松菜の葉先と合わせ調味料を加えてからは、長く炒めすぎないこと(ザッとなじめばOK)。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ