2008年8月28日(木)

手作りタコス

とうもろこしの粉を使った本場の味。

  • 印刷

材料(4人分)

▼皮
 薄力粉1/2カップ
 強力粉1/2カップ
 コーンミール1カップ
 塩小さじ1/2
 油大さじ1+熱湯180ml
▼具
 合びき肉200g
 おろし玉ねぎ大さじ1
 白ワイン大さじ1
 クミンパウダー大さじ1/2
 コリアンダーパウダー大さじ1/2
 塩小さじ1/2
 ウスターソース小さじ1
レタス1/2個
チェダーチーズ50g
▼サルサ
 トマト1個
 ピーマン2個
 紫玉ねぎ1/2個
 レモン汁大さじ2~3
 塩小さじ1
 タバスコ小さじ1
●油、打ち粉(強力粉)

作り方

1
サルサを作る。トマト、ピーマン、紫玉ねぎは7~8mm角に切り、レモン汁、塩、タバスコと合わせて混ぜ、30分おいてなじませる。
2
具を作る。合びき肉におろし玉ねぎと白ワインを混ぜ、フライパンに油大さじ1/2を熱して入れ、パラパラになるまで炒める。クミン、コリアンダーを加えて香りが立つまで炒め、塩、ウスターソースで調味する。
3
レタスはせん切りにし、チーズはおろしておく。
4
皮を作る。薄力粉、強力粉、コーンミール、塩を合わせてボウルにふるい入れ、油と熱湯を合わせたものをまわし入れて箸で混ぜる。手で触れるくらいになったら手でこねてひとまとめにし、台にとり出してなめらかになるまでよくこねる。打ち粉をし、生地を転がして棒状にし、12等分に切る。
5
(4)の生地ひとつに打ち粉をし、転がして丸め、手のひらで少し押し広げてラップにはさみ、上からめん棒を転がして直径約12~13cmの円形にのばす。
6
フライパンを熱し、(5)の生地を入れてふたをし、中火で約2分かけて両面をこんがりと焼く。焼いている間に次の生地を同様にのばす。焼けた生地はすぐに半分に折って皿にとり、ラップをして蒸らす。同様にして全部焼く。
7
(1)、(2)、(3)、(6)を器に盛り合わせる。皮にレタス、具、サルサ、チーズをのせて巻いて食べる。
生地はのばしてから時間をおくとだれてしまうので、1枚のばしては焼き、また1枚のばしては焼くようにする。

コーンミール
とうもろこしを粗びきにした粉。ここでは胚乳のみを粗びきにしたコーングリッツを使用。さらに細かく粉砕したコーンフラワーもある。
皮作りに挑戦してみましょう
(1)
ボールに粉類を入れ混ぜ合わせ、熱湯と油を加え、箸で混ぜる。
(2)
手で触れるようになったら台にとりだし、なめらかになるまでこねる。
(3)
棒状にして等分にカットする。
(4)
打ち粉をして軽く丸めてから、平らにする。
(5)
ラップにはさんで麺棒でのばす(丸くなるように、生地をまわしながらのばす)。
(6)
1枚のばしたら、すぐに焼く。表・裏1分ずつふたをして焼く。
(7)
半分に折って、固くならないようにラップとふきんをかぶせておく。
タコスの皮にレタス、具、サルサ、チーズをのせていただきます。
アドバイス
  • ・具のひき肉は汁気がなくなるまでしっかり炒めます。
  • ・サルサは材料を合わせて、しばらくなじませておきます。
  • ・この皮の生地、のばして三角にカットし、170℃の油で揚げるとタコスチップッスになります。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ