2009年8月26日(水)

切り昆布とつるむらさきの炒めもの

夏の健康野菜と海藻のヘルシー組み合わせ

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:100kcal
  • ・塩 分:1.3g

印刷する

材料(4人分)

切り昆布(乾燥)30g
つるむらさき2袋(200g)
ちりめんじゃこ30g
小さじ1/2
大さじ1
みりん大さじ1
●ごま油

作り方

1
切り昆布は洗い、ヒタヒタの水に15分浸してもどす。
2
つるむらさきは葉を摘みとり、茎は2cm幅の斜め切りにし、分けておく。
3
フライパンを熱してごま油大さじ2を入れ、水気をしっかりと絞った切り昆布を加え、全体に油がなじむまで炒める。
4
(3)につるむらさきの茎を加えてひと炒めし、次に葉を加え、ちりめんじゃこも加えて炒め合わせる。つるむらさきがしんなりしたら、塩、酒、みりんを加え、強火で水気を飛ばすように炒める。
これがつるむらさき。緑色が濃く、一部が紫色をしているものがよい。ぬめりと土くささが特徴的な夏の緑黄色野菜。
カロチンのほか、カルシウム、鉄分、ビタミンCが豊富。
<もう一品>
半月卵の甘酢がけ
(1)フライパンに油を多めに熱し、卵を落とし入れ、白身に火が通ったら半分に折り、器に盛ります。
(2)フライパンをきれいに拭いて、しょうゆ大さじ1、酒大さじ1、酢大さじ1/2、砂糖大さじ1/2を加えて煮詰め
 てとろりとしたら、(1)の卵にかけます。 
アドバイス
  • ・つるむらさきの茎は斜め薄切りにし、火が通るように長めに炒めること。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ