2009年11月7日(土)

りんごのケーキ

この秋おすすめのパウンドケーキはしっとりジューシー

  • 印刷

材料(直径24cm丸型1台分)

▼パウンド生地
 薄力粉200g
 ベーキングパウダー小さじ2
バター(無塩)125g
グラニュー糖125g
バニラエッセンス少々
少々
レモンの皮のすりおろし少々
3個
牛乳大さじ1~2
レーズン20g
▼フィリング
りんご(紅玉)2~3個(約400g)
レモン汁少々
レーズン20g
スライスアーモンド少々
▼ホイップクリーム(作りやすい分量)
生クリーム200ml
グラニュー糖大さじ1
バニラエッセンス少々
●バター、薄力粉、粉糖

作り方

1
パウンド生地を作る
  1. 型にバターをぬって薄力粉をふり、底にオーブンシートを敷く。
  2. 薄力粉とベーキングパウダーを合わせて2回ふるっておく。バターは室温にもどす。レーズンは湯通しをして水気をきっておく。
  3. ボウルにバターとグラニュー糖を入れ、泡立て器で白っぽくなるまで混ぜ、バニラエッセンス、塩、レモンの皮を加えて混ぜ合わせる。室温にもどした卵を1個ずつ加えてそのつどしっかり混ぜる。混ぜ方が足りなかったり、卵が冷たすぎると分離しやすいので注意する。
  4. ゴムベラに持ち替え、(3)に(2)の粉を2~3回に分けて混ぜ込む。ヘラで生地を少し持ち上げてボウルに落とし、少しだけ間があって落ちればよく、なかなか落ちず、固いようなら牛乳を足して混ぜる。さらにレーズンを加えて混ぜる。
  5. (4)を(1)の型に流し入れ、表面を平らにならす。
2
りんごを用意する
  1. りんごは皮をむいて4~6等分のくし形に切り、芯をとり除く。外側のカーブに、厚みの1/3まで縦に細く切り目を入れ、入れ終わったものからレモン汁を加えた水につける(変色させないため)。
3
型に並べて焼く
  1. りんごの水気をふきとり、パウンド生地に切り目を上にして放射状にきっちり並べ、中心にものせる。りんごの表面に溶かしバター少々をぬり、レーズンとスライスアーモンドを散らす。
  2. 170℃に熱したオーブンに入れて40~50分焼く。竹串を刺してみて、生地がついてこなければ焼き上がり。
4
仕上げ
  1. 粗熱がとれたら、型からはずして網の上で冷まし、粉糖を茶こしで全体にふる。
  2. 生クリームにグラニュー糖、バニラエッセンスを加えて八分立てのホイップクリームを作り、ケーキに添える。
ホイップクリームを添えていただくのがドイツ式。
<りんご>
くし形に切って背に細かく切り目を入れてレモン水につけたりんごは、水気をよく拭いてから並べること。
アドバイス
  • ・りんごは紅玉がよく合います。
  • ・パウンド生地の薄力粉、バター、牛乳は混ざりやすいように室温にもどしておくこと。
  • ・パウンド生地のグラニュー糖とバターをしっかりと混ぜることが大切。
  • ・卵は1個ずつ加えて時間をかけて混ぜること(分離を防ぐ)。
  • ・生地が固いと焼きあがりも固くなってしまうので、必ず牛乳で調節します。
  • ・焼き上がりはりんごのそばの生地に竹串を刺して確認します。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ