2010年7月3日(土)

オイキムチ

きゅうりの食感がいいね、夏キムチ

  • 印刷

材料(作りやすい分量)

きゅうり5本
 熱湯2+1/2カップ
 塩大さじ2
大根(4cm長さ)100g
にんじん(4cm長さ)20g
にら3本
 アミの塩辛30g
 はちみつ大さじ1
 炒り白ごま小さじ1
 粉唐辛子大さじ1/2
 糸唐辛子適量
 おろしにんにく小さじ1
 しょうが汁小さじ1
 りんご1+1/2個
 塩少々
●塩

作り方

1
きゅうりは塩をまぶして板ずりし、さっと洗って水気をきり、バットなどに並べる。分量の熱湯に塩を溶かしてきゅうりにかけ、皿などをのせて浮き上がらないようにし、完全に冷めるまで1時間ほどおく。
2
大根、にんじんは縦に4cm長さのせん切りにする。にらは2cm長さに切る。
3
ボウルにアミの塩辛、はちみつ、炒り白ごま、粉唐辛子、糸唐辛子、おろしにんにく、しょうが汁を合わせて混ぜ、(2)を入れてまんべんなくあえる。
4
(1)のきゅうりの水気をペーパータオルなどでふき、両端を切り落として長さを半分に切る。両端を1cmほど残して縦に切り込みを反対側まで入れ、90度回転させて同様に切り込みを入れる。
レシピ画像
5
きゅうりを両端から押さえるようにして切り口を開かせ、(3)を等分にはさみ込む。保存容器に並べ入れる。
レシピ画像
6
りんごをすりおろし、汁を絞って塩と混ぜ、(5)にかけて味がなじむまで2時間ほどおく。冷蔵庫で保存し、4~5日で食べきる。
レシピ画像
アミの塩辛
アミはえびによく似た体長1cm前後の甲殻類で、塩漬けにするとクセがなく、味のよい塩辛になる。韓国料理ではキムチのだしに欠かせない。小さいものはそのまま、大きいものは刻んで使う。
アドバイス
  • ・きゅうりを塩熱湯につけておくのが特徴、色が鮮やか、瑞々しい食感が味わえます。
  • ・切り目は両端は切り離さず、上下にきっちり入れておくこと(せん切り野菜が入るように)。
  • ・アミの塩辛が入手できない場合は、たらこで代用します。
  • ・りんごの代わりにりんごジュース(100%果汁)でもよい、その場合ははちみつの量を減らします。
  • ・おろしりんごのつけ汁もおいしいので汁ごといただきましょう。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ