2011年6月29日(水)

いわしの梅煮

酸味が刺激的、常備菜にどうぞ

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:347kcal
  • ・塩 分:2.4g

印刷する

材料(4人分)

いわし6~8尾(800g)
梅干し3個
しょうが(大)1かけ
 酒1カップ
 みりん大さじ4
 水1+1/2カップ
しょうゆ大さじ1
砂糖大さじ2

作り方

1
いわしはウロコを除いて頭を切り落とし、腹側を斜めに少し切って腹ワタを抜き、きれいに水洗いして水気をふきとる。
2
鍋に酒、みりん、水を入れて火にかけ、煮立ったらいわしを並べ入れる。いわしの間にちぎった梅干しと種を入れ、しょうがの薄切りを散らす。再び煮立ったら煮汁をまわしかけ、クッキングペーパー(皮が破れにくくなる)と落としぶたをして弱火で約1時間煮る。
3
次に砂糖、しょうゆを加え、煮汁をかけながら約30分弱火で煮る。火からおろして煮汁につけたまま冷まし、味を含ませる。
煮汁の酒と水は、合わせて2+1/2カップになればよく、酒と水の割合は好みで変えてよい。

<いわしの下処理>
(1)いわしの表面のウロコをこすり落とす(頭に向かって)。
(2)胸ビレの下に庖丁を入れ、頭を切り落とす。
(3)腹側を斜めに庖丁を入れ(肛門まで)、腹ワタを取り出す。
(4)流水で血合いの部分をこすってよく洗う。
(5)腹を下にして、水気をきっておく。
アドバイス
  • ・酒と水は合わせて2+1/2カップ、この割合はお好みで変えてもよい。
  • ・いわしの皮がはがれ易いので、ひっくり返したりせず、紙ぶたをして煮汁をまわしかけながら煮ること。
  • ・調味料を加えるときに煮汁が少ない場合は湯を足します。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ