2012年1月14日(土)

ホットックと穀茶

韓国の屋台でおなじみの‘お焼き’

  • 印刷

材料(4枚分)

■ホットック
▼生地
 強力粉100g
 もち粉50g
 ドライイースト小さじ1/2
 ぬるま湯大さじ3~4
 卵黄1個分
 砂糖10g
 塩小さじ1/4
 牛乳大さじ4
サラダ油小さじ1/2
▼あん
黒砂糖(粉末)大さじ1
ピーナッツ3個(3g)
むきぐるみ1個(3g)
シナモンパウダー小さじ1/4
片栗粉小さじ1/4
●サラダ油
■穀茶(作りやすい分量)
黒豆15g
コーン(炒ったもの)15g
はと麦15g
3カップ

作り方

1
ホットック
  1. 卵黄、砂糖、塩、牛乳を合わせて混ぜておく。
  2. ドライイーストとぬるま湯を合わせておく。
  3. 強力粉ともち粉を合わせてボウルにふるい入れ、(1)を加えてざっと混ぜ、(2)を加えて混ぜる。ひとつにまとまったらサラダ油を加え、なめらかになるまでよくこねる。
  4. 別のボウルにサラダ油を薄くぬり、(3)を丸めて入れ、固く絞ったぬれぶきんをかけ、温かい所に50分ほどおいて発酵させる。
  5. あんを作る。ピーナッツ、むきぐるみは細かく刻み、黒砂糖、シナモンパウダー、片栗粉と合わせて混ぜる。
  6. (4)の生地が2倍に膨らんだら4等分にする。手にサラダ油をたっぷりつけ、生地を広げて真ん中をくぼませ、あんを1/4量ずつのせて口を閉じる。
  7. フライパンにサラダ油小さじ1を熱し、(6)の閉じ目を下にして入れ、生地が膨らんできたら裏返す。フライ返し(または専用のホットックプレス)を押しつけて平たくのばし、焼き色がついたら再び裏返してさらに色よく焼き上げる。
2
穀茶
  1. 黒豆は香りが立って少しはぜるまで、はと麦はきつね色になるまでそれぞれ空炒りする。コーンは香りが立つまで再度空炒りする。
  2. 分量の湯を沸騰させ、(1)を入れて3分ほど煮出す。茶こしでこして器に注ぐ。
<焼き方のコツ>
韓国には専用のプレス器がありますが・・・なければ、フライ返しを使って焼きましょう。
アドバイス
  • ・生地が固いときは牛乳を足して調節すること。
  • ・とてもくっつき易い生地なので、あんを包んだらすぐフライパンに入れて焼きます(1枚ずつ焼く)。
  • ・焼き時間は全部で2~3分、両面にこんがり焼き色をつけます。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ