2012年2月15日(水)

にしんと早煮昆布の煮もの

ソフトにしんにチャレンジしてみよう

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:285kcal
  • ・塩 分:2.4g

印刷する

材料(4人分)

身欠きにしん(ソフトタイプ)2尾分(400g)
早煮昆布2枚(12g)
梅干し2個(25g)
 酒大さじ3
 みりん大さじ2
 しょうゆ大さじ1
 砂糖大さじ2

作り方

1
身欠きにしんは背ビレを切って腹骨をそぎとり、熱湯にさっと通す。流水に当てながら指先で残ったウロコをとり除き、水気をきって長さを半分に切る。
2
昆布はさっと洗って2~3分おき、ハサミで2~3cm角に切る。
3
鍋に水1カップと昆布を入れて火にかけ、煮立ったら身欠きにしんを並べ入れ、酒、みりん、しょうゆ、砂糖を加え、ちぎった梅干しと種を加える。落としぶたをして弱火で15分煮て火からおろし、粗熱がとれるまでそのままおいて味を含ませる。
4
身欠きにしんを器に盛り、昆布を盛り添える。
<下処理はていねいに>
(1)これが半生タイプのソフトにしん。右側が本干しのもの(カチカチ)。
(2)腹骨をとり除く。
(3)背ビレの下の固いところもとり除く。
(4)熱湯にさっと通す。
(5)流水をかけて、尾の方向から頭に向かってこすり、表面のウロコを流す。
<美味しいお楽しみ>
汁を煮詰めて、かけそばの上にのせれば‘にしんそば’の完成。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ