2012年8月18日(土)

山芋の水ようかん

山芋の風味がほんのり、白くてなめらか~

  • 印刷

材料(9×13.5×高さ4.5cmの流し缶)

山芋(大和芋)(正味)150g
 水200ml
 粉寒天2g
 グラニュー糖70g
 牛乳(常温にもどす)150ml
 生クリーム(低脂肪のもの)50ml

作り方

下準備
・山芋は皮をむいて1.5cm厚さの輪切りにし、竹串がスッと通るまで約15分蒸す。熱いうちに裏ごししておく。
1
鍋に分量の水と粉寒天を入れ、中火にかけて粉寒天を溶かす。グラニュー糖を加えて溶かし、沸騰したら牛乳を混ぜながら加え、再び沸騰したら生クリームを加えて火を止める。
2
山芋を入れたボウルに(1)を玉じゃくしで少しずつ加え(4~5回に分ける)、そのつどゴムベラでよく混ぜる。
3
別のボウルに裏ごし器をのせ、(2)をこす。ボウルごと水に浸しながらヘラでゆっくり混ぜる。ボウルの底がぬるくなるまで冷ましてから、型に静かに流し入れる(液は沈殿しやすいので、流す直前までヘラでゆっくりと混ぜる)。
4
室温において固まったら冷蔵庫に入れ、冷たくなったら型から抜き、好みの大きさに切り分ける。
▲小さなガラス器やプリン型などに流し固めても可愛い。60ml入り容器で9個できる。
アドバイス
  • ・山芋は熱いうちに裏ごしをします(こし易い)。
  • ・寒天液と山芋を合わせてから、さらにもう一度こすこと(このひと手間でなめらかに!)。
  • ・型に流す前に、ボールの底がぬるくなるまで粗熱をとること(液体が43℃くらいまで)。
  • ・粗熱をとっておかないと、型に流したときに沈殿して2層に分かれてしまいます。
  • ・また冷ましすぎると、型に流したときに表面がボコボコになってしまうので気をつけましょう。
  • ・冷蔵庫に1時間ほど入れておくと冷たくなります。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ