2012年8月25日(土)

やわらか寒天のプルーン添え

ひんやり、ゆるゆる寒天の気持ちよい口どけ

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

印刷する

材料(5人分)

▼やわらか寒天(14×11×高さ4.5cmの流し缶)
 粉寒天2g
 水400ml
 グラニュー糖50g
▼プルーンの赤ワイン煮(このうちの半量を使う)
 干しプルーン(種抜き)10個
 赤ワイン200ml
 水100ml
 グラニュー糖大さじ3

作り方

1
プルーンの赤ワイン煮を作る。鍋に赤ワイン、水、グラニュー糖を入れて火にかけ、グラニュー糖が溶けたらプルーンを加えて弱火にし、プルーンがふっくらするまで7~10分煮る。粗熱がとれたら冷蔵庫で冷やしておく。
2
鍋に分量の水と粉寒天を入れてよく混ぜ、中火にかけてヘラで混ぜながら粉寒天を溶かす。2~3分して煮立ってきたらグラニュー糖を加えて溶かす。再び煮立ってきたら1分ほど煮て火を止める。
3
粗熱をとって型に流し入れ、室温において固まったら、冷蔵庫で冷やす。
4
寒天をスプーンですくって器に盛り、プルーンの赤ワイン煮を添えて煮汁大さじ1程度をかける。
▲やわらか寒天は通常の4倍の水分量。切り分けられないのでスプーンでとり分ける。
▲プルーンの赤ワイン煮。多めに作れば冷蔵庫で1週間位は保存できる。
<食べ方アレンジ>やわらか寒天を使った、やさしい飲みもの
やわらか寒天をフォークで細かく砕いてグラスに入れ、グレープフルーツジュースとトマトジュース各適量、砂糖少々を加えて混ぜる。
アドバイス
  • ・通常の4倍量の水で作るゆるゆる寒天です。
  • ・粉寒天と分量の水をよく混ぜてから火にかけ、沸騰させ寒天とグラニュー糖を完全に溶かすこと。
  • ・流し缶がなければボールなどで固めるとよい。
  • ・プルーンの赤ワイン煮はヨーグルトやホイップクリームに添えても美味しい。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ