2012年10月18日(木)

さんまと長芋の焼きづけ

焼き魚から、一歩前進!!

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:415kcal
  • ・塩 分:2.5g

印刷する

材料(4人分)

さんま4尾(720g)
 (塩小さじ1)
長芋200g
▼つけ汁
 しょうが1/2かけ
 だし汁1/2カップ
 しょうゆ大さじ2
 みりん大さじ1
 酢大さじ1
七味唐辛子少々
●塩、酢、油

作り方

1
さんまは頭と尾を切り落とし、1尾を3等分のぶつ切りにし、内臓をとり出し、塩水できれいに洗う。ペーパータオルで水気をふきとり、両面に切り目を2~3本ずつ斜めに入れ、塩をふっておく。
2
長芋は4~5cm長さに切り、皮をむいて酢水につけてアクを抜き、ペーパータオルで水気をふき、拍子木切りにする。
3
つけ汁を作る。しょうがは皮をむいてせん切りにし、バットなどに入れ、だし汁、しょうゆ、みりん、酢を加えて混ぜる。
4
フライパンに油大さじ1/2を熱し、長芋を焼きつけてつけ汁にとる。
5
フライパンをふいて油大さじ1/2を熱し、さんまを並べ入れて中火で焼き、焼き色がついたらいったん火を止め、出てきた脂をペーパータオルでふきとる。さんまを返して再び火をつけ、ふたをして弱めの中火で2~3分焼いて中まで火を通す。つけ汁にとり、からめるようにして1~2分おく。
6
器にさんまと長芋を盛り、つけ汁をかけ、長芋に七味唐辛子をふる。
<さんまの下処理>
(1)さんまの頭と尾を落とす。
(2)3等分に切る。
(3)腹ワタを抜き出す。
(4)流水で洗う(割り箸を使って、腹の内側をゴシゴシ洗い流す)。
(5)水気をよくふいてから塩をふる。
アドバイス
  • ・塩をふったさんまは塩が溶けるまでおいてから、焼くこと。
  • ・長芋は表面のみ焼きつけて、つけ汁につけます(食感を残す)。
  • ・さんまは焼きすぎるとパサパサになってしまうので、断面の骨のところが白っぽくなったら、取り出し漬け込みます。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ