2012年12月27日(木)

筑前煮

だし汁不要で調味料もシンプル

  • 印刷

材料

鶏もも肉1枚(300g)
にんじん(大)1本(200g)
れんこん1節(150g)
ごぼう1本(100g)
里芋4個(300g)
干し椎茸(もどす)4枚
こんにゃく1枚(200g)
 酒1カップ
 椎茸のもどし汁1カップ
 砂糖大さじ2
 しょうゆ1/4カップ
絹さや適量
●油

作り方

1
干し椎茸はたっぷりの水につけてもどし、軸を除いて2~4等分のそぎ切りにする(もどし汁1カップはとっておく)。
2
こんにゃくは湯通ししてから7~8mm幅に切り、切り口の真ん中に切り目を入れ、片端を通して手綱こんにゃくにする。
3
にんじんは皮をむいて長めの乱切りにする。れんこんは皮をむいて4~5mm厚さの輪切りにする。ごぼうは皮をきれいに洗い、小さい乱切りにして水にさらす。里芋は皮をむき、大きいものは半分に切る。
4
鶏肉は一口大に切る。
5
鍋に油大さじ1を熱して鶏肉を炒め、肉に焼き色がついたら椎茸、にんじん、れんこん、ごぼう、里芋を順に加えて炒める。油が全体にまわったら、こんにゃく、酒、椎茸のもどし汁、砂糖、しょうゆを加え、煮立ったら弱めの中火にし、落としぶたをして15~20分、野菜がやわらかくなるまで煮る。落としぶたをとり、火を強めて煮汁を煮つめる。
6
器に盛り、彩りにゆでて斜めに切った絹さやをあしらう。
●保存容器に煮汁ごと入れて冷蔵庫で保存すれば、5~6日は日持ちする。
<手綱こんにゃく>
(1)下ゆでしたこんにゃくを薄切りにし、中心に切り目を庖丁で1本入れる。
(2)片端を切り目に通す。
(3)これでOK。
アドバイス
  • ・具材を1種類ずつ炒めてしっかり油をまわすことで味にコクが出ます。
  • ・里芋が崩れてしまわないように、混ぜずに鍋をゆすりながら汁をからめます。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ