2013年6月13日(木)

いさきの揚げづけ

~身近な旬の魚をもっと食べよう~いさき

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:259kcal
  • ・塩 分:2.8g

印刷する

材料(4人分)

いさき2尾(600g)
 (塩少々)
エリンギ4本(300g)
青じそ5枚
みょうが3個
▼つけ汁
 だし汁1カップ
 しょうゆ大さじ2
 みりん大さじ1
 梅干し(大)1個(20g)
●小麦粉、油

作り方

1
いさきはウロコを引き、頭を落として腹を切り、腹ワタをとり出して水洗いする。ペーパータオルで水気をふきとり、三枚におろして腹骨をすきとり、一口大のそぎ切りにし、薄く塩をふる。
2
バットにだし汁、しょうゆ、みりんを合わせ、種を除いて粗く叩いた梅干しを混ぜる。
3
エリンギは長さを半分に切り、4つ割りにする。
4
揚げ油を中温に熱する。まずエリンギを素揚げにして(2)のつけ汁に浸す。次に、いさきに小麦粉を薄くまぶして揚げ油に入れ、香ばしくカラッと揚げてつけ汁に浸す。
5
青じそはせん切りにする。みょうがは縦半分に切って小口切りにする。ともに水につけたのち水気をきる。
6
器に(4)をつけ汁ごと盛り、青じそ、みょうがを散らす。
今月の旬の魚
いさき
<いさきの三枚おろし>
(1)ウロコをとったいさきの胸ビレの下に庖丁を入れ、頭を落とす。
(2)腹の部分を少し、切る。
(3)腹ワタを取り出す(きれいに水洗いする)。
(4)腹側に庖丁を入れる(中骨に沿って)。
(5)背側も同様に入れる。
(6)尾のほうに向かって庖丁をひき、身をはずす。(下身も同様に)
(7)三枚におろしたら、腹骨をすきとる。
(8)中骨を骨抜きで抜く。
(9)皮を下にして一口大のそぎ切りにする。
アドバイス
  • ・いさきは目が青く光ったものを選びます。
  • ・エリンギはうすく茶色になるまで素揚げにします(約2分)。
  • ・いさきは身が柔らかいので、揚げている途中はカリっとしてくるまでさわらないこと。
  • ・つけ汁に浸したら、混ぜると身が割れてしまうので、汁をかける程度でよい。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ