2013年12月14日(土)

魯肉飯(ルーロウファン)

忙しい師走の作り置きにバッチリ

  • 印刷

材料(4人分)

▼台湾ミートソース(作りやすい分量)
 豚肩ロース肉(塊)600g
 エシャロット1かけ
 しょうゆ2/3カップ
 酒大さじ2
 氷砂糖2個(5g)
 五香粉小さじ1/2
 こしょう少々
 ゆで卵6個
ごはん(温かいもの)600g
たくあん8切れ
香菜適量
●油

作り方

1
台湾ミートソースを作る。豚肉は1cmほどの角切りにする。ゆで卵は殻をむく。エシャロットは薄い輪切りにする。
2
鍋を熱して油大さじ2を入れ、エシャロットを加えて弱火でカリカリになるまでゆっくり炒める(フライドエシャロット)。
3
(2)に豚肉を入れてよく炒め、しょうゆを鍋肌から加え、しょうゆが少し焦げかけたころに酒、氷砂糖、五香粉、こしょうを入れる。香りが立ったら水をヒタヒタ程度に加え、煮立ったらゆで卵を入れてふたをし、弱火で約1時間、煮汁が少し残る程度に煮る。途中、煮つまるようなら水を足し、また最後に煮汁が多いようならふたをとって煮つめる。
4
器にごはんを盛り、ミートソースと半分に切ったゆで卵を盛り、香菜を飾り、たくあんを添える。
エシャロット、らっきょうエシャロット
エシャロットは台湾料理に欠かせない香味野菜のひとつ。玉ねぎの変種で、辛みと香りが強く、油で炒めて使うことが多い。らっきょうエシャロットはらっきょうを軟白栽培して早どりしたもの。生食用だが、エシャロットの代用にもされる。
▲エシャロットは油でカリカリになるまでゆっくり炒めて香りを出す。台湾の家庭では多めに作って常備する。また市販もされている。
▲台湾ミートソースは冷蔵庫で保存すれば4~5日は日持ちする。ごはんにかけるほか、めんにかけたりスープに加えてもおいしい。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ