2014年9月24日(水)

さんまとごぼうの竜田揚げ

秋の気配を感じます

  • 印刷
  • Twitter
  • Facebook

主な食材

ジャンル

  • 1人前あたり
  • ・エネルギー:439kcal
  • ・塩 分:1.0g

印刷する

材料(4人分)

さんま4尾(600g)
 (しょうゆ大さじ1 酒大さじ1/2 しょうが汁大さじ1/2)
ごぼう1本(150g)
 (しょうゆ大さじ1/2)
すだち2個
●小麦粉、油

作り方

1
さんまは頭を落とし、腹側に切り目を入れて腹ワタを除き、中骨の血合いの部分をこすってしっかり洗い、水気をふく。頭側から包丁を入れ、中骨の上を滑らせるようにして尾までおろす。返して反対側も同様にし、三枚おろしにする。おろし身それぞれの腹骨をすきとり、長さを半分に切る。バットに並べ、しょうゆ、酒、しょうが汁をまぶして10分おく。
2
ごぼうは長さを2~3等分に切って鍋に入れ、かぶるくらいの水を加えて火にかけ、煮立ってから10分ゆで、ザルに上げて水気をきる。まな板にのせてめん棒などで叩いてから手で縦に裂き、5cm位の長さに切る。しょうゆをまぶして16等分する。
3
さんまの水気をふき、小麦粉をまぶして縦長に置き、手前にごぼうをのせて巻き、巻き終わりを楊枝でとめる。
4
揚げ油を170℃に熱し、(3)を入れて2~3分かけてこんがり揚げる。油をきって器に盛り、すだちを添える。
Point
ゆでたごぼうはめん棒やすりこ木などで軽く叩き、繊維を壊して使う。味がしみやすい上、やわらかくなって食べやすい。
さんまをおろす
頭側から包丁を入れ、中骨の上を滑らせるようにして尾までおろす。
返して反対側も同様にし、三枚おろしにする。
おろし身それぞれの腹骨をすきとり、長さを半分に切る。
アドバイス
  • ・ゆでたごぼうは熱いうちに叩いて裂き、下味をつけます。
  • ・ごぼうを巻くときは、さんまの身の細いほうを手前においてごぼうをのせます。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ