2014年10月11日(土)

たかきびローフ

見た目も食感も、まるでミート。

  • 印刷

材料(9×15cmパウンド型1本分)

たかきび1/2カップ
玉ねぎ1/2個(70g)
きのこ(エリンギ、しめじなど)70g
れんこん100g
にんじん30g
レンズ豆(薄茶・皮つき)1/4カップ
くるみ(無塩・ローストしたもの)20g
中力粉30g
オートミール、またはパン粉20g
あらびきマスタード小さじ1
しょうゆ小さじ1
小さじ1/2
▼つけ合わせ
 れんこん100g
 カリフラワー150g
 ベビーリーフ適量
●塩、オリーブ油、油

作り方

1
たかきびは1時間浸水したのち厚手の鍋で炊く。
2
レンズ豆はたっぷりの水を加えて火にかけ、煮立ったら弱火にしてやわらかくなるまで15分ほどゆで、ザルに上げる。
3
玉ねぎは粗めのみじん切りにし、きのこは石づきを除いて粗めのみじん切りにする。一緒に油小さじ1でしんなりするまで炒める。
4
れんこん、にんじんはきれいに洗い、それぞれ皮ごとすりおろす。
5
ボウルに(1)のたかきび、(2)のレンズ豆、(3)、(4)を入れ、くるみ、中力粉、オートミール、マスタード、しょうゆ、塩を加えて、手でしっかりもみ込むように混ぜ合わせる。
6
つけ合わせのれんこんは皮ごと小さめの乱切りにし、カリフラワーは小房に分ける。ともに塩小さじ1/2、オリーブ油大さじ1をからめる。
7
オーブンシートを敷いた型に(5)をきっちりと詰め、アルミ箔をかぶせ、天板にのせて180℃のオーブンで20分焼く。型のアルミ箔をはずし、つけ合わせのれんこん、カリフラワーを天板のあいているところにのせ、さらに10分焼く(竹串を刺して何もついてこなければよい)。
8
オーブンからとり出し、しばらく冷まして生地を落ち着かせ、粗熱がとれたら型からとり出して切り分ける。
9
器にたかきびローフを盛り、れんこん、カリフラワー、ベビーリーフを添える。
*残ったときは、1切れずつラップで包んで冷凍保存するとよい。2週間は日持ちする。食べるときは、凍ったままオーブンやフライパンで温め直す。

アレンジ たかきびつくね
たかきびローフの生地を型に詰めず、丸めてつくねにしてもおいしい。直径4cmほどの円盤形に丸め(全量で22~24個できる)、油を薄くひいたフライパンに並べ、片面2~3分ずつふたをして焼き、しょうゆだれをまわし入れてからめる。しょうゆだれは、米水あめ大さじ4、しょうゆ大さじ2、水またはだし汁(昆布)大さじ4、くず粉小さじ2を混ぜ合わせたもの。
知っておきたい食材の話
たかきび
たかきびは雑穀の一種で別名もろこし。白米に比べて、食物繊維や鉄、マグネシウムなどのミネラル類、ビタミンB群などを豊富に含みます。炊いたときの見た目や食感がひき肉に似ていて、ベジタリアンにはひき肉の代わりとしてよく使われます。
たかきびの炊き方
洗った水に出る赤い色が薄くなるくらいまで洗い、1時間くらい水につけておく。厚手の鍋に浸水したたかきびと、たかきびの1.5倍強の水を入れて火にかける。沸騰したら弱火にしてふたをし、12~15分炊く。炊き上がったら10分位蒸らす。
※炊いたものは小分けにして冷凍しておくと便利。2~3週間保存可能。冷蔵なら保存は2~3日。使う際は自然解凍してから蒸し直す。
アドバイス
  • ・たかきびを浸水した水はアクが出ているので、炊くときは水を新たに計量して加えます。
  • ・たかきびは炊いた後、粗熱をとってから混ぜ合わせます。
  • ・オートミールがつなぎ役、生地がまとまりにくいときは足して調節します。
  • ・くるみをローストする場合は、120~130℃のオーブンで15分ほど焼きます。

他の人はこんなレシピも見ています

TOPへ